INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「力の真空地帯」を埋めよ…FEG系が停止の今、小団体がメジャー感を打ち出すチャンス?

2日間ほど遊んでブログはお休みを頂いたが、その前後に

第2代ライト級KOP王者の井上、チームZSTの小谷らが出場!『パンクラス ライト級GP』が5・3から開幕!

 11日、パンクラスが5月3日のディファ有明大会から、65.8kg以上70.3kg以下の8選手参加による『PANCRASE ライト級 GP 2011』が開幕すると発表した。
http://battle-news.com/news/2011/04/000436.php

http://ameblo.jp/jewels2008/entry-10860574776.html
東日本大震災復興支援チャリティ大会『女子総合格闘技ジュエルス 13th RING』『女子総合格闘技ジュエルス 14th RING』5月14日(土)新木場1st RING昼夜興行にて、金網女子総合格闘技VALKYRIEとの対抗戦が実現、今大会よりその火蓋が切られる事になりました。

 
そしていまだ公式発表はないが、企画が進んでいることは関係者も認めているバンタム級?の「ジャパンカップ」があると。
 
さらにいえばゴールデンウィークに合わせて修斗のビッグマッチ、THE OUTSIDERもビッグマッチがある。
 
 
どれも、これもいい企画だ。
やはり、巨大勢力が何かの拍子に倒れた場合は、何やかやといいながら、それを埋めようという野心を持った勢力が現れるものですよ。それが同じ大きさになるかどうかはまた別問題。取りあえず埋める必要はあるのだ。
実際、パンクラスのGPは小谷直之井上克也など実際にメジャーに上がった選手も参戦する。かつてそういう団体に出場したときとのファイトマネーの差はたぶん、かなりあるんどあろうが「試合がなければ、もらえるファイトマネーはゼロ円」という事実も何より強い。
こういう状態が続くなら、参戦経験のある選手が中小団体に降りての「かすかなメジャー感」を生かした擬似メジャー企画は今後も出てくるだろう(といっても、その母体となるべき中小団体もシビアなのだが…)。
それを防ぐための「ジャパンカップ」だとも聞く。果たしてどうなるだろう。