INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

皇帝を追放しても、盗賊がそのまま次の王にはなれぬ…バダ・ハリ大暴走のまき


私は、深夜一時からのCS再放送観戦です。今終了。
【感想】
レフェリーのKさんは「説明」ならともかく「評論・感想」のコメントはぐだぐだ述べるのは控えて、レッドカードならレッドカードをそのまま出せばいいのになあと思いました。


と、そういうことを書いたあとで、当方と同じく早朝更新が多いOMASUKI FIGHTを見る。
今回は、一部の情報とか評論の引用ではおさまらず、丸ごとこの視点を見ていただいたほうがいいので、表題とリンクを張り、冒頭を引用するだけにする。

http://omasuki.blog122.fc2.com/blog-entry-363.html
悲しきバッドボーイの栄光と転落【バタハリ人間劇場】


 才能はあるが悪童でならしてきた男が、改心したかのように優等生になり、すばらしい業績をあげ続けながら、最後の最後で本能を露呈し、手に入れたものを取りこぼしてしまう。悲しいほど昔の自分に戻ってしまう……


それはともかく、やっぱり「谷川さんの思惑どおり(これも彼の掌の上かもしれんが)に結果がならなかった時のK-1は楽しいなァ」と。
そんな理由だけで、決勝のひどさとは別に、すばらしい戦いぶりだった準々決勝や準決勝の時から、俺はバダ・ハリが負けたらいいなあと思ってたのだから理不尽だよね(笑)。

今回決まった「K-1の二番目」はレミー・ボンヤスキー。たしか「ヘビー級のカテゴリーまで体重が落ちない」といってバダ・ハリへの王座挑戦オファーを断ったことがあるそうな。
そうかスーパーヘビー級か。
うん、王者への挑戦権を認める。次、あなたがセーム・シュルトに挑戦ね。決定。大晦日でもよし。(※ほんとはダメージ的にいかんよ)

「大晦日とダメージ」といえばメルヴィン・マヌーフ、ほぼ無傷で秒殺勝利。

本当にノーダメージかどうか分からないけど、本人の意思さえあればハクのついた状態で、大晦日の連続参戦も可能かも。
よかったねえ、秋山成勲さん。違うか。