INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

Xplosionと連携強化。風香、舞は惜しくも欠場

http://ameblo.jp/smackgirl/entry-10045557729.html

□SGS公式ルール -61kg契約 5分2R
アシァ・ザ・バシァ[ASHA THE BASHA](オーストラリア/ TEAM SCHAFFA / XPLOSION) 
VS 中井りん修斗道場四国)


オーストラリアの格闘技イベント「XPLOSION」と、本格的な交流が、いよいよ始まる!


去る6月22日、「XPLOSION16」で行われた、スマックガール協力の女子総合ルール(特別ルール)の試合で、女子格闘の可能性を見た「XPLOSION」が、本格的に女子選手の育成に取り組むこととなった。今大会に推薦・出場するのは、あのイアン・シャファーが自信をもって送り込む、アシァ・ザ・バシァ。キックでは既に実績充分のホープ……

Xplosionは、先月のkamiproでもインタビュー記事が載っていたが、豪州に渡って成功した若い日本人が中枢で取り仕切っているんだ。
その国の人の運営じゃないのか、と思うかもしれんが、ほらK-1だって石井氏から絶大な信頼をされていたバングラディシュ人がいたじゃないですか。「マイク・タイソン招聘に動いた」とか(笑)。

自分はこのXplosion、最初の最初ぐらいに、かなり早い時期に存在を知って紹介した記憶がある(NHBニュースで)。動画配信がそのころからあった?のと、K-1系で名前を知っている人がいたからだったかな。その後はすっかり忘れていたが。
よく自分は「台湾はいつになったらMMAに火がつくんだ?」とか言ってたが、そうそうオーストラリアもいつまでもクリストファー・ヘイズマンエルビス・シノシック、スタン・ザ・マンというあれじゃ困ります。(って、彼らはとっくに一線級じゃないよ!!)

でも、うわっと盛り上がってる、という話も聞こえてこないな。もともと英語圏だから、UFCの大人気はダイレクトで波及していてもおかしくないはずなのに。例によって例のごとく、コミッションや「野蛮で暴力的スポーツ」的な偏見が、成長を妨げているのだろうか。
それとも、これまで順調に衛星放送で放映してたのに突然UFCが放映権料を値上げだ、とかいって交渉がまとまらなかったのだろうか。
そもそもオーストラリアのテレビ事情ってどうなんだろう?
地上波は何局あるのか、ケーブルTVや衛星放送がどれぐらい普及しているのか、PPVは買えるのか。


何にせよ、台湾も含め、自由と繁栄の弧ならぬ「自由と反映と格闘技の弧」を打ち立ててみたいものです。
豪州にMMA人気を広がらせる処方箋はあるのでしょうか。


UFCと同じことやっているやつらがここにもいた。

http://d.hatena.ne.jp/kats222/20070820#p3

■[サッカー]ブンデスの放映が難しそうですが・・
放映権持ってる会社が、日本のマーケットをどの程度重要視しているか分からないので何とも言えませんが
「どんだけ高くふっかけても、買ってもらえなきゃ売り上げゼロ」
ってことを思い知らせるためにも、ここはグッと我慢して、適正価格になるまでどこも放映権買っちゃダメだと、個人的には思います

UFCの連中もよく聞いとけ。