INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

時代はめぐる、だけどそこにある。悲喜こもごもの、日米MMA。

UFCはつぶやき(日本語部分)の再収録で

http://twitter.com/gryphonjapan

ネイサン・マーコートvsチェール・ソネン
・試合が短く終わればグレイシーの試合も見られると思うと、「さっさと一本で決めろ!」と思ってしまう(笑) カキ鍋を作りながらの観戦。

・ソネンはフィジカルだけでなくちゃんとタックルの技術もあるなあ 当たり前だけど。でも、こういう試合が面白いかというと少なくとも俺は・・・

・競技性を重んじるUFCだが、出血TKOについては日本より重視してないのね

・最後に見せ場を作っただけでもよしとすべきか。>ネイサン

・試合後の感想では正直につらかった、きつかった、こわかったというタイプと弱みを隠すタイプがいるが、ソネンは正直なタイプみたいね。/終わってみれば楽しめる試合だったけど、元パンのネイサンに感情移入できたからか


ランディ・クートゥアvsマーク・コールマン
・もうあって当たり前の感もあるけど、 @NathanMarquardt や@Randy_Coutureなどのツイッターもあるねえ

・守護神・レッグダイブは使わないのか使えないのかコールマン。
・うまいこというな> 稲垣「(※ランディの金網に押し付けてのパンチは)さっきのソネンの戦法を立ってやっているようなもの」 TK「金網があるから、半分寝技なんです」
・一回、両足タックルを見たかったが・・・見せ場をつくるには至らず。 さて時間があるので新世紀グレイシー伝説も見られそうだ。


■その新世紀グレイシー伝説は
・・・1993年(※UFC初開催の年)からタイムスリップしたような試合ぶりだったなぁグレイシー

パンクラスの試合は

http://d.hatena.ne.jp/lutalivre/20100207
のとおり。近藤有己はとにもかくにも勝って、次回の王座統一戦に挑むことができるようになった。
時代はなんとか、まだ残っているる。

伊藤崇文は、まぁあれはあれで。