INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

「Ballot or Bullet」…衆院選投開票日に際し、マルコムXの言葉を再紹介

マルコムXの言葉。

自立するには、手段はたった2つしかない。投票か、銃弾か(Ballots or Bullet)だ。
歴史を振り返ってみれば「自由」というものは、常に投票権か銃弾を使って得たものだということがわかるだろう。
いま、だれもが、当然、(手段としては銃弾より)一票を選ぶだろう。私もそうしたい。
が、だからといって銃弾の力を軽く見ているというわけではない。
私は投票にも銃弾にも興味がない。私が関心を向けているのは、それで勝ち取る「自由」だ。

f:id:gryphon:20211031084205j:plain
マルコムXの名言「Ballot or Bullet」

ただし、このアジテーションはかっこいいですが、マルコムは政治権力の奪取方法として「ハーレムを一軒一軒回って投票を呼びかけ『選挙にいかないのはカッコ悪い』『棄権者は裏切り者だ』という雰囲気をつくらねばならない」と主張している。
微妙に政府広報っぽいですけど(笑)、政治権力奪取に王道なし、普通の行動が一番ラジカルでもあうるっつーことでしょうか。

追加情報 類似のようで、結論が異なる発言をリンカーンが?

たぶんBallot/ Bullet の言葉遊びは、皆がおもいつくんだろうな。