INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

【メモ】「剖棺斬屍」という言葉をご存じですか…韓国「顕忠院」で、墓に汚物まかれ話題に


国立墓地で汚物まいて弔花踏みつけ…親与党系団体が現代版「剖棺斬屍」
 「くそでも食らえ」「汚いやつ」「口を開けろ」

 2019年6月6日、顕忠日。国立大田顕忠院の将軍墓域に、民族問題研究所、平和在郷軍人会など親与党系団体のメンバー数十人が集まった。一行は有功者の墳墓や墓碑に、準備してきた家畜の排せつ物をぶちまけた。参加者らは旗を振って歓呼し、手をたたいた。「この×野郎」など悪口を言う人もいた。

 一行は「民族の反逆者の墓を掘り進め!」と記した模型のシャベルを持ち、墳墓を足で踏みつけて「破墓パフォーマンス」を行った。「追い出そう」というスローガンも声の限りに叫んだ。あるプラカードには「歴史のごみを整理しよう」と記されていた。墓の前にある石の置物を踏みつけ、弔花を引き抜いて墳墓に投げ付けたり、墳墓に旭日旗をかぶせたりもした。韓国政府の関係者は「当時、周辺には悪臭が漂い、墓碑を洗うのにかなり手こずった」と語った。参加者らが汚物をまいてパフォーマンスを繰り広げた墓に埋葬されていた人々は、現代史の中で一部日帝に協力したこともあるが、韓国の建国後は6・25などで功績を上げた。論争はあるものの、国立墓地の埋葬条件を満たした人々だ。

 2月5日、大田顕忠院にあるペク・ソンヨプ将軍の墓の案内板が撤去されるや、「親与党系の諸団体が『親日清算』を主張して国立墓地で行う各種デモは非常識」と指摘する声が上がっている。韓国軍関係者は「亡くなった人々の歴史的功罪を取り上げたり移葬を主張したりするのは、明らかに各自の自由」としつつも「だが墓を踏みにじり、汚物をまいたり悪口を言ったりするのは社会の感情に背くもの」と語った。「現代版『剖棺斬屍(し)』(墓を暴いて遺体の首を斬ること)」というわけだ。

(略)
 大田顕忠院には殉国先烈、護国英霊およそ13万人が眠っている。顕忠塔には「ここは民族の魂が潜む場所/祖国と共に永遠に進む人々/太陽と月がこの丘を守るであろう」(蘆山・李殷相〈イ・ウンサン〉)という碑文が刻まれている。国の聖域なのだ。



 このような非常識なデモを容認する顕忠院の態度も問題だという指摘がなされている。当時、顕忠院は汚物を投げ付けた当事者に対して法的措置を検討したいとしていた。しかし警察は「嫌疑なし」で事件を終結させた。ペク・ソンヨプ将軍の墓の案内板撤去

www.chosunonline.com


とにかく『剖棺斬屍(し)』という熟語があるらしい。これがさらっと使われるのだから、漢文的な?四字熟語でも、使われるものはいろいろ違ってくる。三国志でしかお目にかからない「鶏肋(保持していてもあまり役には立たないが、捨てるのもおしい)」が、韓国ではどうもまだ一般的に使われているらしいし・・・・ということで、言葉メモ。
あとで何かに活用したい。と同時に、韓国の左右分断はここまで先鋭化してきているようだ。