INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

マクロン仏大統領の「風刺の自由」擁護演説(共和国宣言150年演説)原文募集→見つけた

この前は、皆さまのお力添えで、チェコ上院議長の「私も台湾人である」演説翻訳を紹介できて、ありがとうございました。はてなブログのその週のアクセス上位としても紹介されてもいます。
m-dojo.hatenadiary.com

それで再度、お願いなんですが……

【パリ共同】フランスのマクロン大統領は4日、同国の「共和国宣言150年」を記念してパリで演説した。フランス共和国の標語である「自由、平等、博愛」の理念を訴え「フランス人であることは笑わせる権利、からかい、風刺する自由を擁護することだ」として「冒涜する権利」にも再び言及した。

 フランスでは1870年9月4日に共和国宣言が出された後、第3共和制が発足し、現在の第5共和制まで連なる。記念日として国民にほとんど忘れられているが、イスラム原理主義の影響や根深い人種差別で自国の理念が揺らいでいると懸念するマクロン氏があえてイベントを設けた。

 フランスのマクロン大統領は1日、2日付の風刺週刊紙シャルリー・エブドが、かつてイスラム教徒の反発を招き2015年の同紙本社襲撃テロのきっかけとなったイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を再掲載したことをめぐり「フランスには冒涜する自由がある」と表明した。

 訪問先のレバノンベイルートで記者会見したマクロン氏は「報道の自由があり、大統領は編集の決定に判断を下さない」とした上で、会員制交流サイト(SNS)を例に挙げ「表現の自由には憎悪を唱えないようにする義務もあるが、風刺は憎悪ではない」と述べた。
www.sankei.com


これは思想的・政治哲学的にも重要だと思うんです。共同通信産経新聞の、ごく短い趣旨の要約しかない記事で済ませるのは惜しい。
主要言語のひとつフランス語だろうし、メディアも政府広報も発達しているだろうしで、なんとか辿り着くかなー…と思ったのだが、独力では無理だった。

また、どなたか詳しい人に演説の原文・全文がネットで読める場所を教えてもらえないでしょうか。
分かったら、進歩著しいグーグル翻訳に全部任せて日本語にし、ここに張り付けて皆さんとシェアしたいと思います。


イスラム・ヘイトか、風刺か

イスラム・ヘイトか、風刺か

  • 発売日: 2015/02/10
  • メディア: 単行本



みつかりました

パンテオンでの共和国宣言150周年記念の際の共和国大統領のスピーチ

2020年9月4日 -

パンテオンでの共和国宣言150周年のお祝いの際の共和国大統領によるスピーチをダウンロード-PDF404 KB
警察署長、あなたの階級と資質において、

親愛なるマシュー、ノラ、パトリシア、カセリン、アンナ、その瞬間、私はそれを測定します。あなたにとって、あなたの家族にとって、感動的で厳粛です。

あなたはフランス人になるという夢を実現するだけでなく、特別な場所、私たちのパンテオンでそうします。そこでは素晴らしい女性が休み、素晴らしい男性が私たちの故郷に敬意を表されています。さらに、この自然化の儀式は、共和国がその記念日を祝うその日に開催されます。

1870年9月4日でした。

帝国がセダンで敗北したばかりの間に、32歳の若い副官レオン・ガンベッタがパリの人々の呼びかけに応え、市庁舎のバルコニーから共和国を宣言した。私たちが今聞いたばかりのレオン・ガンベッタは、移民の息子で、最近自然になり、混血のフランス人であるあなたのようでした。それでも、私たちが150年間生きてきたこの自由の政治体制である共和国を復活させたのは彼でした。

国は崩壊しようとしていた。共和国は再び彼を救った。他にもたくさんのレオンガンベッタがあり、遺産ではなく、戦いが繰り広げられ、私たちの歴史を形作ったフランスの人物がたくさんいます。マリー・キュリーポーランドで生まれ育ちました。彼女は2つのノーベル賞を受賞し、それまで女性に閉鎖されていた2つのドア、ソルボンヌのティーチングチェアとブロンズのドアを女性に開放する前に、単純な看護師として塹壕でフランスに仕えることを選択しました。パンテオンアメリカ生まれのホセフィン・ベイカーは、才能とエネルギーで彼を輝かせるためにフランスを選びました。彼女は、抵抗に加わって自分の命を危険にさらすほど、自分の採用した故郷を愛していました。

彼らの闘争を通してフランス人になった非常に多くのそして非常に多くの運命。他の多くの英雄、生まれつきフランス人、時には大都市から遠く離れて生まれた、私たちの価値観を非常に高く運び、私たちの共和国の建物をマークしました。奴隷の子孫であるフェリックス・エボウエは、6月18日のドゴール将軍の訴えに応えた。彼はチャドにフリーフランスの旗を植えた最初の人でした。解放の伴侶となり、またこれらの場所で休むことになっていた私たちのガイアナのこの子供がいなければ、自由フランス軍叙事詩は同じではなかっただろう。今年の夏に亡くなったジゼル・ハリミは言うまでもありません。彼女の愛するチュニジアから私たちの国会まで、法廷、半自転車、マニフェストの嘆願、ZeizaTAÏEBが生まれた人は 人々の解放と女性のために大きな飛躍を遂げました。無効者の中庭で彼に国の賛辞がまもなく支払われるでしょう。

LéonGAMBETTA、Marie CURIE、FélixEBOUÉ、JoséphineBAKER、GisèleHALIMI、他の人物と一緒に、共和国でのこの日の生活を称える多くの例。マシュー、ノラ、パトリシア、キャサリン、アンナを含む非常に多くの運命、あなたは今日の合法者です。

今度はあなたの番なので、生まれつき共和国のすべての子供たちと一緒にあなたの番です。そして、あなたの出身の多様性を超えて、イギリスから来たあなたは、 「アルジェリアカメルーン、ペルー、またはレバノンは、共和国でのあなたの生活を説明しています。私はあなたの個人的な存在を形作ることについて話しているのではありません。あなたはすでに仕事をしていて、しばしばここに家族がいますが、自分を超えて自分自身を持ち上げることによって、フランス市民の服を完全に引き受けることです。

フランス人になることは、実際、自分の利益を追求する個人以上のものであることを受け入れ、公益に貢献する市民は、非常に共和党の美徳を育む同胞に対して責任を示します。義務と権利。しかし、常に最初に宿題をします。フランス人になるということは、共和国は常に脆弱であり、常に不安定であるため、それは夜明けの戦い、毎日の征服、瞬間の共和国の愛国心でなければならないという認識を自分自身に定着させたことを意味します。共和国は与えられておらず、買収されることもありません。私はここで私たちの若者にもそれを言います。征服です。それは常に保護または再征服されるべきです。

自由第一。「自由、自由、最愛の人」はラ・マルセイユを歌います。フランス人であることは、まず第一に、情熱的に自由を愛することです。DE GAULLEは、フランスと世界の自由との間の20回の世俗的な協定について話しました。今日から、あなたはこの協定に拘束されます。私たちの共和国の自由はブロックです。それはその指導者の選択に参加する自由であり、したがって投票する権利ですが、それは投票箱の評決への服従から人々の集団的自由へと切り離せません。それは良心の自由であり、特に世俗主義であり、信じるか信じないかの自由を保証するが、右に行く表現の自由と切り離せない世界のこのユニークな体制です。冒涜に。そして、私はそれを瞬間と言います 2015年1月の攻撃の裁判を開始します。フランス人になることは、人々を笑わせる権利を擁護することであり、ヴォルテールが維持した、嘲笑する自由、嘲笑する自由、似顔絵の自由が他のすべての源でした。フランス人であるということは、常に自由の戦士の側にいるということです。そして、放棄が盛んになるとき、検閲が進むとき、さらにそうです。

合法性。フランス人であるということは、それぞれの女性、それぞれの男性に同じ尊厳を認めることです。フランス人になることは正義を愛することです。1789年の特権の廃止と男性と市民の権利の宣言、1848年のSCHāLCHERによる普遍的な男性の怒りと奴隷制の廃止、1944年の女性の投票権、1974年の過半数の18への引き下げ、廃止あなたは偉大で美しい歴史の一部であり、平等な権利の進歩の歴史です。あなたはまた、具体的かつ効果的な平等に向けた未完成の行進の継続者でもあります。PÉGUY、JAURÈS、BLUM、MENDES FRANCEは、社会共和国を高く評価してきました。この単純な考えは、すべての市民、住んでいる場所、出身地、彼の仕事、彼の功績によって彼の人生を築くことができなければなりません。私たちはまだ遠い、この理想から遠すぎます。フランスでは、肌の色や名前で差別されている子供があと何人いますか?若い女性、若い男性が適切なコードを持っていなかったために、適切な場所で生まれなかったために閉じられたドアはいくつありますか?機会の平等は、今日の共和国ではまだ効果的ではありません。これが、この5年間の優先事項である理由です。適切な場所で生まれていませんか?今日、私たちの共和国では、平等な機会はまだ効果的ではありません。これが、この5年間の優先事項である理由です。適切な場所で生まれていませんか?今日、私たちの共和国では、平等な機会はまだ効果的ではありません。これが、この5年間の優先事項である理由です。

共和党の約束が具体的な生活の中で守られるように、私たちは今後数週間でさらに強くなります。しかし、平等もまた、ブロック、義務、権利です。したがって、法の前の平等は、共和国の法が常に特定の規則よりも優れていることを意味します。これが、フランスには、しばしば神の名において、時には外国の力の助けを借りて、集団の法を課そうとする人々のための場所が決してない理由です。いいえ、共和国は不可分であるため、分離主義者の冒険を認めていません。この目的のために、分離主義と戦う法案が今秋に導入されます。

兄弟愛。フランス人であるということは、あなたの同胞に同じようなものよりも多くの挑戦を見ることです。私たちの国は、誰も道に迷わない社会的保護のモデルである福祉国家を発展させたという点で独特です。しかし、この世界で唯一のシステムは、私たちの仲間の市民を結びつけるこれまでにない脆弱な絆、いつでも暴力と憎しみが壊れる可能性のある尊敬と礼儀の絆によってのみ保持されます。これが、共和国では、警察官、ジェンダーム、治安判事、市長、共和国の選出された代表者、より一般的には、暴力、人種差別、反セミティズムと戦うすべての人々が役割を果たす理由です。決定的な役割、そしてそれは、対称性によって、それらを攻撃する人々は厳しく非難されなければなりません。決して仲裁するのではなく、法を強制する。警察を攻撃する者、選出された役人は通過しません。連帯とコミットメントのリンク。私たちの福祉状態は、パンデミックの間に、私たちがフランス人一人一人に同行することによってその力をちょうど経験したことを再び示しました、そして私たちは私たちの介護者の勇気、ボランティアの献身、私たちを可能にした隣人間の相互援助を長い間覚えています危機の真っ只中に直面している。しかし、繰り返しになりますが、同胞団はブロックです。それは、誰もが他の人を助けと支援に値するものとして認識した場合にのみ生き、持続することができます。それは、単に権利を与える州だけでなく、各市民にも依存しています。これが共有する理由です コモンは決定的であり、私は実際、社会的契約だけでなく、参照、文化、共通の歴史、共通の価値観、共通の運命によって彼らに縛られていると感じた場合にのみ、同胞のために犠牲を払うことができます私たちが従事している。これは共和国です。

「フランス」とマーク・ブロックは書いています。「私が心を根こそぎにすることができない故郷です。私はその文化の源から飲んだ。私は彼の過去の私のものを作りました。私は彼女の空の下で呼吸するだけで、今度はできる限り彼女を守ろうとしました。」これでフランス共和国に入ることができます。私たちの風景、歴史、文化全体を愛するために、常に。Reimsの戴冠式とFêtedelaFédération、これが共和国が彫像を非難せず、単に歴史の一部を選択するのではなく、フランスの一部を選択することは決してないので、フランスを選択する理由です。あなたが理解しているように、共和国は共和国自体よりずっと前に始まります。なぜなら、その価値は私たちの歴史に根ざしているからです。そして、フランス人になることは彼女の全体と結婚することであり、そうでない言語と結婚することでもあります

「私の故郷はフランス語です」とCAMUSは書いています。もちろん、フランス語をマスターすることで、コミュニケーションを取り、同国人と交流し、私たちの法律を理解することができます。そのため、言語は国籍にアクセスするための前提条件です。しかし、フランス語を習得することは文化へのパスポートであり、5大陸の次元を持つ比類のない歴史です。ここパンテオンで尊敬されているHUGO、DUMAS、ZOLA、MALRAUX、CÉSAIREの想像力へのアクセスです。それは、50年前に亡くなったMAURIACのキャラクターに、フランスの精神だけでなく普遍的な天才を称える偉大な作家たちと一緒にいることです。私たちの言語を習得することは、永遠のフランス語の一形態である国の魂に触れることです。フランスは確かに数少ない国の1つであり、1539年のVillers-Cotterêtsの条例は、その言語によって作成され、生成されました。私たちの言語は、自由、普遍性との関係を築いてきました。ここでも休んでいるAbbéGRÉGOIREは、フランス語が自由のイディオムであるとは言いませんでしたか?私たちの言語は共和国の発祥の地であり、1792年の条約加盟国によって宣言されるずっと前のことです。なぜなら、共和国はルネッサンス時代にすでにBODINのテキストで形になっていたからです。それはCONDORCETとROUSSEAU、そして啓蒙のすべての思想家にそれ自身を主張します。私たちの言語は私たちの人々、私たちの歴史を保持するものです。これがチャールズ・ペグイが「共和国、私たちのフランス王国」と宣言できる理由です。フランスでは、明らかに、それはすべて言葉から始まります。私たちの言語は、自由、普遍性との関係を築いてきました。ここでも休んでいるAbbéGRÉGOIREは、フランス語が自由のイディオムであるとは言いませんでしたか?私たちの言語は共和国の発祥の地であり、1792年の条約加盟国によって宣言されるずっと前のことです。なぜなら、共和国はルネッサンス時代にすでにBODINのテキストで形になっていたからです。それはCONDORCETとROUSSEAU、そして啓蒙のすべての思想家にそれ自身を主張します。私たちの言語は私たちの人々、私たちの歴史を保持するものです。これがチャールズ・ペグイが「共和国、私たちのフランス王国」と宣言できる理由です。フランスでは、明らかに、それはすべて言葉から始まります。私たちの言語は、自由、普遍性との関係を築いてきました。ここでも休んでいるAbbéGRÉGOIREは、フランス語が自由のイディオムであるとは言いませんでしたか?私たちの言語は共和国の発祥の地であり、1792年の条約加盟国によって宣言されるずっと前のことです。なぜなら、共和国はルネッサンス時代にすでにBODINのテキストで形になっていたからです。それはCONDORCETとROUSSEAU、そして啓蒙のすべての思想家にそれ自身を主張します。私たちの言語は私たちの人々、私たちの歴史を保持するものです。これがチャールズ・ペグイが「共和国、私たちのフランス王国」と宣言できる理由です。フランスでは、明らかに、それはすべて言葉から始まります。自由のイディオム?私たちの言語は共和国の発祥の地であり、1792年の条約加盟国によって宣言されるずっと前のことです。なぜなら、共和国はルネッサンス時代にすでにBODINのテキストで形になっていたからです。それはCONDORCETとROUSSEAU、そして啓蒙のすべての思想家にそれ自身を主張します。私たちの言語は私たちの人々、私たちの歴史を保持するものです。これがチャールズ・ペグイが「共和国、私たちのフランス王国」と宣言できる理由です。フランスでは、明らかに、それはすべて言葉から始まります。自由のイディオム?私たちの言語は共和国の発祥の地であり、1792年の条約加盟国によって宣言されるずっと前のことです。なぜなら、共和国はルネッサンス時代にすでにBODINのテキストで形になっていたからです。それはCONDORCETとROUSSEAU、そして啓蒙のすべての思想家にそれ自身を主張します。私たちの言語は私たちの人々、私たちの歴史を保持するものです。これがチャールズ・ペグイが「共和国、私たちのフランス王国」と宣言できる理由です。フランスでは、明らかに、それはすべて言葉から始まります。私たちの歴史。これがチャールズ・ペグイが「共和国、私たちのフランス王国」と宣言できる理由です。フランスでは、間違いなく、すべてが言葉から始まります。私たちの歴史。これがチャールズ・ペグイが「共和国、私たちのフランス王国」と宣言できる理由です。フランスでは、明らかに、それはすべて言葉から始まります。

共和国は伝達です。共和国は決して完成することはなく、常に取り戻されるでしょう。そして、それが革命以来持ちこたえているのなら、それを夢見た人々、それを実現させた人々、私たちの歴史の中で最も悲劇的な時間に時々それを擁護した人々、 'ヨーロッパのプロジェクトで更新され、これらすべての女性とすべての男性の間で、何世紀にもわたる時代のシーンが作成されました。そして、この記念日には、それを支配するのはそれほど喜びではありません。私は、それを圧倒する脅威に直面して、明快な重力の形として認めなければなりません。

マシュー、ノラ、パトリシア、キャサリン、アンナ、今日、他の多くの人たちと一緒にトーチを取り、これらの嵐の中で共和党の約束を実現するのはあなた次第です。トーチを手に取り、今朝私たちを取り巻く大学生に代表される私たちの若者にそれを任せてください。共和党の儀式、普遍的な国家奉仕、他の多くの機関のためにこの味を維持し続けなければならない私たちの若者はそれに貢献しています。私たちの共和国の学校、私たちには使命があり、私たちの教師は、要件を達成し続けています。情熱を持って共和国を愛したいフランスの若者たち。それが単なる言葉だとは思わないでください、それは大したことです。これらは運命です。私はほんの少しだけ話しました。彼女を愛して あなたが自由な市民になることができるのはこれであり、あなたが自由に生まれ、学ぶことができ、自由に育てられるのはこれであるということを毎日測定するので、情熱は常に更新されます。判断し、知り、自由に人生を築く。それはどこにでも与えられるわけではありません。常に与えられているわけではありません。

したがって、旗が下がるたびに、旗を掲げる必要があります。誰かが彼女を脅かすときはいつでも、彼女は守られなければなりません。あなたの前に他の人がそれを擁護したからです。ですから、国民社会に加わったばかりのあなた、そこで生まれ育ったあなた、そして共和国のすべての子供たち、私たち全員を集めましょう。

フランス人であることは決して単なるアイデンティティではありません。市民権です。これらはそれに伴う権利です。これらはその義務でもあります。つまり、その価値観、歴史、言語、共和国を直立させる要件を順守することです。なぜなら、それは私たち一人一人に依存しているからです。インスタント。毎日また始まる戦いです。それで、一緒に、すべてを征服することができるこの統一されたフランスを形成しましょう。そして、彼らの魂の強さで、一部は今共和国に加わり、あなたはトーチを取り上げなければならないでしょう。

ですから、自信を持って、はい、私たちは長い間言い続けることができます。長生きするフランス!「」
www.elysee.fr