INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

須藤元気は”勝ち逃げ”の天才…つまり「彼が逃げた後、そこはヤバイ!」…のかも(笑)/箕輪氏との関係

togetter.com


さて、著書があまたある変幻自在のトリックスターですが

やりたい事をすべてやる方法 (幻冬舎文庫)

やりたい事をすべてやる方法 (幻冬舎文庫)


以前、こんな本を紹介したことがありました。2012年にこういう本を紹介してるところが、こちとら今になって須藤元気を話題にしてるおあにいさんとはおあにいさんのできがちがう、ってやつである。
てかパンクラスネオブラッドトーナメント昼夜興行、つまり元気の日本デビュー戦を観戦しているんでぇ。



m-dojo.hatenadiary.com


ここに「勝ち逃げ」に関する記述がある。

表題の「勝ち逃げ」は上の須藤元気の歩みをみたら自然と出てくる表現だが、読み直すと同書にも出てくる。

先日、試合の解説で会場を訪れたとき、ある選手と立ち話をする機会があった。僕が現在行っている”WORLD ORDER”の活動について話すと、彼はこんなことをこぼした。
「・・・元気くんは、うまく勝ち逃げしたよね」

最初、元気は意味が分からなかったらしいんだが、意味もなにもそのまんまだよ(笑)。


で、だ。
すべての分野で勝ち逃げできた、ということは、逆に言えば、須藤元気が逃げ出した舞台は、その後大変なことになる、ということなのだ(笑)

今回ばかりはさすがにそうならないことを祈りたい。

いま書籍タイトル見たら「幻冬舎?じゃあ箕輪なんとかさんと関係あるのかな」とピンときて検索。そしたら。

美濃輪育久ミノワマン)と須藤元気はネオブラの同時参加者だけどね(笑)

箕輪氏と聞いて筆者が連想したのは、誰あろう須藤元気氏のことでした。というのも先日も須藤氏が校長を務めるフィリピンはセブ島にある英会話学校、QQイングリッシュでのトラブルについて記事を書かせていただき、重ねての編集部取材でも須藤氏の国会議員にあるまじき無責任ぶりが露わになったところですが、このセクハラをはたらいた箕輪氏もまた須藤氏のコネクションを通じてQQイングリッシュでのイベントに度々出演していたことを思い出したのです。

箕輪氏はなぜフィリピンに?
両氏はテレビでの共演もあり、須藤氏が幻冬社から『面倒くさがり屋の僕が3ヶ月で英語を話せるようになった唯一無二の方法』という英語学習に関する本を出しているなどの縁もあって懇意になっているようです。

しかしこの須藤・箕輪の名前の並びを見て…
www.excite.co.jp

なんと、昨日は・・・



すごい方を見てしまいました。



格闘家や事業家、マルチタレントとして有名な
あの須藤元気さんがQQEnglishにいらっしゃったんです!


というのも、シーフロント校でトークショーが開かれ
弊社代表のライコウさんと、
幻冬舎の凄腕編集長・箕輪厚介さん
そして須藤元気さんの3名が集まり2時間ほど
英語や人生についてのお話を繰り広げられました。


https://qqenglish.jp/staff-blog/first-sudosan/

「比例議員なのに離党するのか?ならば議員は辞職せよ!」の是非について

という問題は、以前からあまり賛同していない。
政治闘争はナマモノなので、立場が変わることはあると見込まねばならず、政党はそもそも、そんなふうに立場を変える連中を上位に置かなければいい、と考えるから。
この話、以前どこかで書いたな…

ああ、このときか

…まず大前提として、「比例代表で当選した議員が 離党して別の党に行くなら、議席を返上すべきだ」という議員の「べき論」というのが一部にはあって、 その後、一部は法的に整備されたけれど、自分はこの「べき論」には賛成ではないのね。
というのは議員が尊敬すべきジェントルマンで、個人的利益のために離党したり政党を変更したりするはずがない…ということではもちろんなくて、逆に政治が権力闘争である以上、議員が離合集散し、表裏比興に振る舞うことはある種の想定内にしておかねばいけない、と思うかからだ。そして怪我と弁当は自分持ち、ということでそれが嫌なら各政党は自分の党を裏切る「かもしれない」人物はそもそも比例区の候補にすべきでないし、有権者もそんな候補の人間性を見極め、投票しなければよかったというだけであるからだ。
m-dojo.hatenadiary.com

とはいえ須藤元気は、間違いなく格闘技分野での天才(というか戦略家)やで。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com