INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

『8.6秒バズーカー』は「原爆投下日との連想に『十全な検討』が無かった!(意図的でなくても)」と怒られて然るべきなのかなあ(イヤイヤイヤ)

headlines.yahoo.co.jp
集英社は7日、『週刊少年ジャンプ』2020年10号に掲載された連載漫画『僕のヒーローアカデミア』第259話に登場したキャラクター名について、「中国をはじめとする海外の読者の皆様に不快な思いをさせてしまいました」と謝罪した。作者の堀越耕平氏も「大勢の方に大変不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございません」とコメントを発表した。

【画像】ジャンプ編集部が投稿した『ヒロアカ』キャラ名についての謝罪文

 同作に登場したキャラクター「志賀 丸太(しが まるた)」について、「過去の悲惨な歴史の記憶を想起させるとのご指摘を、中国をはじめとする海外の読者の方々から多くいただきました。『志賀(しが)』は他の登場人物名の一部から、『丸太(まるた)』はその外見から命名したもので、過去の歴史と重ね合わせる意図は全くありませんでした」と説明。

 その上で「しかしながら、『悪の組織の医師』というキャラクターの設定とこれらの名前が合わさった結果、中国をはじめとする海外の読者の皆様に不快な思いをさせてしまいました。事前に編集部が表現について十全な検討を行うべきでした。深くお詫び申し上げます」


「ヒーローアカデミア」未読の作品ですので、当初はあまり追っていなかったのですが(ほぼ、はてブ経由)、そんなブクマなどでちょっと目にしたのが「8.6秒バズーカー」という名前。(その連想に、最初に至った方々に敬意を表します)
これも、すべてはてな経由で見知った話題だったなァ…と思い出すのっでした。もう遥か以前……とオモタら、まだ5、6年前の話かいな!! 
これも自分、ネタ自体はほとんど目にしてねーーー。ラッスンゴレライがコンビ名か、8.6秒バズーカーがコンビ名かもわからんかったし、バズーカじゃなくて最後に「ー」が入るのも初めて知ったわ。


ただ、世界に開かれた窓、はてなブックマークのおかげで、うっすらと騒動は覚えている。

その総括、後日談のような記事が昨年出て、話題になったよね。

times.abema.tv

で、これではなく、配信されたヤフー記事に多くのブクマがついた。
b.hatena.ne.jp
※記事自体は消えてる。ブクマを読んでください


で、当時も、何しろコンビ自体を知らないものだから、とりたてて大きな関心はなかったけど、
「8.6秒の8.6が広島原爆投下の8月6日に由来するなんてこじつけ、デマのたぐいだろう。そりゃまた災難だな」と思った。
いまでもそれにはまったくかわりない。
意図的に、広島原爆投下にちなんだ名前をコンビがつけた、なんて意図にまで踏み込んで決めつけるのは邪推のたぐいだ。


だが。
世は令和になり、テン年代も境を迎えたいまとなっては、別の解釈と判断があろう。

なにしろ、「8.6」は数字としても、そのあとにつくのはバズーカー…軍事用語である。しかも「爆発」と関りある言葉である。

いつしか成立、施行されてた「事前に十全な検討を行わなかった罪」には問われるんじゃないかな???
(※罪とは法的な意味ではありませぬ)


abemaTVのニュースで書かれているこれら……

f:id:gryphon:20200209012833j:plain
8.6秒バズーカーが言われたあれこれ。「意図的」とするのはデマでも「事前に十全な検討を行うべきだった」???


これらも、「意図的にこんな意味を込めてやってた!!」は「バカバカしい、そんなことあるかい」でございますが、「そういうふうに連想されないよう『事前に十全な検討を行うべきだった』のでは?」と言われたら…はてどうしよう。


というか、今回の「ヒーローアカデミアの一件」に関して、8.6秒バズーカーコンビにご意見を伺う、語ってもらうという企画はどうでしょう??
これ、けっこうリーズナブルなギャラで引き受けてもらえるんじゃないでしょうか???

最後の最後に、すごい企画を思いついてしまった。ネットメディアでも活字メディアでも、当方に無断でやってもらってかまいませんよ。(了)


先におの二者の共通性を論じた方がいたようだ

コメンテーターで「BuzzFeed Japan」記者の神庭亮介氏は「まず(お笑いコンビ)8.6秒バズーカーの『ラッスンゴレライ』を原爆投下と関連付けるデマが広がってすごく叩かれたことを思い起こした。実際に読んでみて『731部隊』を強く想起させるような内容ではなかったので、批判がやや強引かなと感じました」と同問題についての印象を語った。

times.abema.tv