INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

書き忘れていた「RIZIN」大晦日大会の感想を書く

そういえばまだRIZIN晦日大会の感想を書いてないことに気づいた。
すごく遅ればせながら箇条書きします。


・メインイベントで朝倉海がマネルケイプに負けた試合。
バンタム級が予想あるいは懸念通りにシャッフルされる戦国時代となった。確かにケイプも相当に実力を増していたとは思うが、 これまで例えば佐々木憂流迦にも封じ込められていたわけで、その佐々木憂流迦朝倉海は完勝しているから、これだけで混沌とした状態と言える。次の第一挑戦者の扇久保も抑え込むスタイルは得意なわけで、ケープから見事に勝利する可能性も大きい。そうなれば戦国時代が本格的に到来するわけで、自分はそういうほうが最高に面白いと思ってたんだけど、実際のところを見るとやっぱり「 エース」が君臨する世界観の方がスポーツはどうも受け入れられるらしい。その辺が今後の見所であるかと思う。


・ただ気になるのはケイプが言っている「以前は電気もないようなアンゴラのジムで練習をしていた。それではだめだと一念発起して、アメリカ(だったかな?)の一流ジムで練習するようになった」という部分でどれほど伸びしろがあるのか、だ。このの日所によってケイブが王者になったと言うなら、ひょっとしたら彼が絶対王者として君臨するかもしれないし、そうなれば「マネル・ケイブUFCへ」という話にもなるだろう(笑)


・そういえばそういうわけで、はい来ましたプロハースカの UFC 参戦。
yunta.hatenablog.com
そしてライト級トーナメントという大当たりの企画で頂点に立ったムサエフのUFCとの交渉話。いいフィーダーショー(はしごの大会、転じて大きな団体に、実績を挙げた選手が移籍するきっかけとなる場所としての団体)ではありませんか、RIZIN(笑)。


・まあこれは良い悪いではなく「そういうもの」であると思うしかない。堀口恭司UFC復帰 には今のところ興味を示さないであろう、そんな体制で数年やれたのが例外的だったんだ。と言うか日本人選手なら、フジテレビ地上波で放送されるRIZIN、特別な意味を置き、ここに忠誠心を示す必要があるが、 ひとたび外国人選手がその階級の頂点に立ち、内容的にも技術的にも素晴らしいものを見せるなら、UFCやONEがオファーしないはずがない、と考えるしかない。もうそれを前提としなければ。


・そんな中で難敵をうまいこと撃退した朝倉未来は、弟の衝撃 KO 敗戦もあるから、ことし前半期は最低でもRIZINの 看板を背負う形になる。本人のいう「YouTube で稼げるから、試合は1年2回でいい」という話、実に正論すぎる話で(笑)そういうファイターがいて全く問題ないと思うが、「現在RIZINの看板を背負う」問題とつなげると、やはり試合数は多くなってくるのだろうか。
でまさに本人が YouTube 番組で名前を出したらしいと言う「石原夜叉坊」、これはやっぱり見てみたいですね。番組の中では「やっても全然いいが、あんまり問題にならない相手」みたいな言い方だったらしいけど、やはり外敵感がある人間が登場して戦うのが盛り上がる。


・そして「UFCに参戦した選手はやっぱり別格。一勝でもしてれば即RIZINでもどこでもトップクラス」という価値観はやっぱりここ数年でこっちにも植え付けられているので,RIZINはそれを商売に活かしつつ、出来れば勝ってその価値観も壊したいという思いもあるだろう。
そんな点で石原夜叉坊vs朝倉未来は大きな試合として組まれていいと思うのです。
ただ石原夜叉坊RIZIN接触して出場交渉をしているという話を聞いてるわけではない。どうなってるんだろうね?


・ハム・ソヒvs浜崎朱加は、自分が見た限りでは1、3Rをとった浜崎防衛かなと思ったのだが、ジャッジはラウンドマストではないし2ラウンドの三角絞めはよりフィニッシュに近かったと判断されたのだろう。それはそれで異論があるわけではない。
しかし典型的なフィストオアツイストの試合となるかと思われていたこの戦いで、浜崎のパンチがむしろハムを捕らえ、そしてテイクダウンされたハムが、三角絞めで柔道出身の浜崎をほとんど1ラウンド逃さずに捉え続けかなりやばい状況まで持って行ったというのが、総合格闘技の妙を感じさせるところであった。
打撃選手がテイクダウンを切るのではなく、倒されたけど大逆転の隠し技として三角絞めを使った…といえばアンデウソンシウバvsチュール・ソネンを思い出す所でもある。


矢地祐介は、大逆転で勝てて良かったけど、70キロ級はこれから外国人とやっていくとやはりしんどいだろうね、と思いました。


・視聴率は…低いんだろうけど「さりとてフジテレビはここまで投資したRIZINを手放せない。何よりRIZINに代わる企画があるわけでもない」という状況に甘えて、このまま脛をかじらせてほしい所存だ(笑)

[asin:B082W3G6Y7:detail]