INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

図書館員、さらっと『解放同盟は「この本は入れるな」とチェックしてた』と回想する…

昨今の問題に関連して、過去記事から発掘・再放送。

えーっとね、4年前に見つけてブログで紹介した話なんですけどね。
とある図書館情報雑誌に、こういう記事が載った。

https://www.pot.co.jp/img/zu_bon/zu_11/zu11_090-127.pdf

この『ず・ぼん』(ポット出版)という雑誌は、
富山県立近代美術館、図書館事件をきっかけに創刊した本だ」と語っている。ある意味タイムリー。

上記リンク記事は、自分たちも取り上げることが無かった「船橋図書館焚書事件」をいよいよ語ろうと同誌が力を入れて特集した座談会なのだが、ある意味力が入り過ぎて、現役の図書館の中の人に座談会をしたら、なんかぽろりぽろりと、いろんな情報が出ていて……

f:id:gryphon:20191014153112j:plain
ず・ぼん座談会 図書館員が語る「解放同盟がこの本は入れるなとチェック…」

…特に共産党系は七〇年代 から八〇年代にかけて解放同盟 の料弾もあったりして、いじめ られてる。いじめられるという か......。
沢辺・ターゲットにされている。
東條、そうそう。それで解放同盟は図書館に対して、この本は入れるなとかいう要するに チェックした時期があった。ま たは図書館が過剰反応したと か。それに対して共産党系は絶 対そうじゃないんだよというふ うにキャンペーンをはっている わけよ。創価学会もそうですよ ね。

そんな中でも。上に政策有れば、下に対策有り。

f:id:gryphon:20191014153247j:plain
図書館員「解放同盟に3なら、全解連に2の割合で…」(ず・ぼん

東條●こちらを三つ入れたら、 あちらを一つくらい入れておい たほうがいいかなみたいな。昔 で言えば、解放同盟と全解連(全 国部落解放運動連合会)の本を 同じぐらい入れておく。 バラン ス感覚です。 沢辺●三対三で解放同盟のほう がいいなと思ったら、三対三で 三を解放同盟にするとかはや る? 東條● 解放同盟のほうが出版点 数が多いから仕方がないじゃない


強調してことわっておくと、話者は「70~80年代ごろの話」と書いている。


以上、
m-dojo.hatenadiary.com

のブログ記事では4年前に紹介した話だけど再度。ちなみに「ず・ぼん」はほかの記事でもpdfで公開しているものも多い。
www.pot.co.jp

ただ最初に紹介した記事、一応単純にネットに載ってると安心せず、ローカル保存しておいた方がいいんじゃないかなあ…とも思います