INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

那須川天心とK-1、政治的駆け引き過熱…まさに『令和版・四角いジャングル』(が、読みたい)

headlines.yahoo.co.jp

 バックステージで天心は、リング上でのアピールについて「世界でビッグカードが組まれているのに、なんで日本は組まれないんだと思う」「お互いやりたいのに、やれないのはおかしい」と話した。だが「向こうに乗り込んでやりたいか?」という質問には「(K-1との)独占契約は無理なんで」と答え、別の形での実現を希望。「彼(武尊)を見て対戦をイメージすることは?」という質問には「最近は無いですね。自分の試合もあるので」と答え、以前よりも武尊自体への熱意は薄れている様子だった。
(略)
RISEクリエーション伊藤隆代表は大会後の総括で、天心のアピールについて「向こう(K-1)サイドの考えもあるでしょうけど、ニュートラルな環境でやれるといいですね。テレビがついたり、天心が言うように東京ドームでやれるといいし、向こうの選手がやりたいなら来ればいい。全面戦争でも構わない。日本の格闘技を盛上げたい」と、天心×武尊に留まらないK-1との対抗戦にも前向きな姿勢を示した。天心×武尊の1試合だけに関しては「賞味期限は半年でしょう。向こう(武尊)の選手生命も残り短いでしょうし、僕はこっち(天心)の陣営ですけど、最高の状態でやらせてあげたい」と…
www.boutreview.com

那須川は「何度か対戦の打診をしているが、K-1サイドから『3年の独占契約が必須』といまだに言われる。その条件は受け入れられない」と説明した。

 本件ついては武尊本人も以前からSNS上で前向きな姿勢を示している。昨日の那須川の発言の後にも「オファー出せるならとっくにお互い出してるでしょ。色々言いたいことあるけど、今はその為に自分が信じることを全力でやるだけ。絶対実現させるから待ってて。まずは11月24日絶対勝つ」と自身のツイッターに投稿。この投稿に対するファンからの「いいね」は17日正午時点で1万5千件、リツイートは3500件を超えている。

times.abema.tv

 ……中村プロデューサーは、那須川が武尊と戦いたいとコメントしていたことは、「メディアを通して見たり聞いたりしていました」と語った上で、「武尊選手はK-1と契約していてK-1のチャンピオンです。その武尊選手と戦いたいとの意思があれば、所属ジムさんを通してK-1に正式にコンタクトをとってもらって、そこでK-1 JAPAN GROUPと契約してもらえれば可能性はあります。新生K-1はその姿勢をずっと一貫してやってきたので、変えることは基本的には考えてないです」と以前からの体勢を継続していくと……(略)「そういった手順を踏んでくれれば武尊選手と戦えるチャンスは全然あるので、そういった意味では僕らはどんな選手にも門戸は開放しています。まずはコンタクトしていただければまずはそこからかな、と思っています」と説明。(略)… それに関連して那須川が「独占契約で3年間(K-1に)来てくださいと言われる」と語っていたことには、「K-1の方から那須川選手、そして那須川選手が所属しているジムに正式に試合の交渉をしたことはないです。そして現時点で先方から我々にも正式なコンタクトはないです。そこはここでしっかりと説明させていただきます。マイクアピールや誌面でそういったことを話しているのは見たことはありますが、ちゃんと交渉のテーブルに就いたことはないです」と……
efight.jp










いやー、おもしろいですね。この悪魔と妖怪のばかしあい。
そこに、敵か味方か「なぞの老師」が、ふっと登場してアドバイス





ところで、ヤングマガジンで「那須川天心物語 てっぺん」が始まった。

f:id:gryphon:20190920094633j:plain
ヤングマガジンで連載開始「那須川天心物語 てっぺん」

まだ冒頭部は、少年時代が中心となりそうなので、そのへんはいいも悪いも、まだ評価の前段階、という感じな気がする。(生き馬の目を抜く週刊漫画誌連載で、それでいいのかという話もあるだろうが…)
ただ、自分の勝手な妄想では、いまのK-1やRISEの記者会見を含めて、「同時進行ドキュメント」でこれが漫画になっていたらなぁ、と思う。それは同じマガジン系で、昭和におそるべきあだ花を咲かせた『四角いジャングル』を知っているからかもしれない。ただ、あれは当然ながら、裏の裏を知っている梶原一騎が自分でその「政治的駆け引き」自体を丸ごとコントロールしていたから描けた部分もあるのだろう。でも時代は令和、試合だけでなく駆け引きも全ガチの「令和版・四角いジャングル」見たくないですか??
自分が漫画を描けるなら(描けるんだけどね。前日記事参照←あのレベルかよ)、ネットを発表媒体にして、全て公開の二次情報を使って、「那須川天心と武尊の試合は実現するのか?それをめぐる選手の戦いと、団体の駆け引き、ファンの心境」などを織り込んだ、同時進行の「令和版・四角いジャングル」を本当に描いてみたい。だれか、やってみようというひとは出てきませんかね。
そして、本当に実作してみれば「四角いジャングル」の虚実をミックスした作品作りの凄さも今以上に分かる気がする。

四角いジャングル 1

四角いジャングル 1