INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

須藤元気氏が参院議員になれば、小泉又次郎氏以来(?)の「いれずみ議員」誕生

なんのことかと思ったが、少なくともひとりは須藤元気候補のことだろう。
もうひとりはいてもいなくてもどうでもいいや。
もうこの話、話題にはなっとるな。
news.livedoor.com



で、いれずみの国会議員と言えば、彼がいると。
ja.wikipedia.org

「ムダヅモなき改革」で首相ジュンイチローがマージャンに強いのは、ギャンブル全般をこの祖父に仕込まれていたから、という設定であったな。

第1話

第1話

「それ以来」と書いたけど、自分が知らないだけで、たぶんいるとは思う(笑)。一説にはハマコーも、しているとかしていないとか、テレビで共演者にそう言われたとかそんなことを小耳に挟んだが、それは事実かわからない。

ま、そんなことはどうでもよく。
自分はアントニオ猪木大仁田厚、そして神取忍…らひっくるめて、「プロレスファンこそ、やつらが議員にはふさわしくないと知ってた筈だ」と否定的だった。だが馳浩は例外、それぐらいの分別(ふんべつ)はあるし、両者を分別(ぶんべつ)している。


同様に、高田延彦とか佐山聡はなんとも…だけど、須藤元気は、それとはやや違うだろう、とは思っている。
それはやっぱり、ALL ONE とかのややスピリチュアルも入った訴え全般はともかくとして、受け答えは現役時代からしっかりしていたし、本を実際に執筆して一冊仕上げるほどの、なんというか文章・論理的発言と説明に親しんでいるポテンシャルはある。留学して英語力も高いしね。

風の谷のあの人と結婚する方法 (幻冬舎文庫)

風の谷のあの人と結婚する方法 (幻冬舎文庫)

幸福論

幸福論

今日が残りの人生最初の日

今日が残りの人生最初の日

無意識はいつも君に語りかける (マガジンハウス文庫)

無意識はいつも君に語りかける (マガジンハウス文庫)

※著作並べると、自分が感じてた以上にスピリチュアルだな…

そしてなにより、アメリカからの「逆輸入」という形で新弟子下積みという一種の”不合理”を回避してパンクラスデビュー、その後コロシアム2000、UFC、リングス、Kー1…と渡り歩き、その場その場で実力もさることながら、本当に「最適解」としか言えないような見事なチョイスでステータスを築いた。
UFCでまれな,勝ち越し日本人なんだぜ!?信じられるかい?

そのへんの経緯はこの本が非常に参考になる

いちどこの本のレビューを書いているので、一部を「再放送」しよう。
こんなふうに「勝ち続け」ていたのダ。

m-dojo.hatenadiary.com
・学生時代のレスリングでは、短大1年で全日本ジュニア優勝
・平行してやっていた週末の手作りアクセサリー販売で月30万円の売り上げ
・日本の団体に入団しての「下積み」を避けるため、団体と繋がりのある外国人選手のジムに留学して入会。そこから逆輸入デビューするという作戦が大当たりでパンクラスのネオブラッドトーナメント出場枠を得る。3位。デビュー戦からの派手な入場パフォーマンスも、反対されながらも強行しトレードマークに。
パンクラス時代には東京ドームの「コロシアム2000」に出場。ネイサン・マーコートに一本勝ち。宇野薫グラップリング試合で勝利。
・リングスで2連勝、無敗。
UFCで、日本人としてはごく少数派の複数参戦・勝ち越し結果(2勝1敗)。負けも未だに「疑惑の判定」として語られる惜しい試合。
K-1MAXでは小比類巻ナントカ(当時の名前忘れた)に逆転負けを喫するも、ダウンを奪うなど評価を高めまくり。その翌日には映画の重要な役のオファー(狂気の桜)。
・K-1Dynamite!では、ミノワマンに先駆けて元祖・巨漢とのフリークマッチ(vsバタービーン)を実現。見事に一本勝ち。
グレイシー(ホイラー)からも勝利する。
・HERO'Sトーナメントでは準優勝に留まるものの、宮田和幸高谷裕之という、今では優勝者の山本KID徳郁より評価の高いファイターに一本で完勝。
・MMA16勝5敗で引退。現在目立った後遺症はなし。
・引退後に書いた本は20万部近いベストセラー。
・拓大レスリング部監督に就任するや、同部は2年で4冠獲得。最優秀監督賞5度。世界選手権で日本代表監督就任
ダンスユニット「WORLD ORDER」が世界的に評価される。


WORLD ORDER "WORLD ORDER"

須藤 元気 入場 Genki Sudo Entrance

ぶっちゃけ、彼の本能と計算の合わせ技による「勝ち逃げ力」は相当なものだ。だから、その勝ち逃げ力から逆算して、今度の立憲民主党比例区からの出馬は、間違いなく当選するだろう、と踏んでいる。
参院国会で、最大の武力を持つ存在が登場する、ともいえる。乱闘で彼に勝てるポテンシャルの人はいなかろう。

ただ、須藤元気は本人として見事に勝ち逃げているとして、その残された「母体」のほうはこれまでどうなってたかというと、ややちょっとそれは気になるんだが(笑)



あとちょっと気になるのが、この選挙公示前の7月1日に腰をいわしたこと。


ファイトの後遺症か?と思ったけど、かなり早い年齢での引退だったしそれほど大きなダメージではなかったようだ。もう今現在は、運動を再開しているようだ。