INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「証言UWF」より。前田がいう「佐山に真剣勝負で負ける気がしなかった」という話について。

twitterを再構成して

証言UWF 最後の真実

証言UWF 最後の真実

新刊「証言UWF」
読み進めているけど「佐山に真剣勝負で負ける気がしなかった」という前田の証言、体格差はあれど大きく出たネ、と思っていたが「当時の自分達はスパーをガチガチにしてた。佐山さんはタイガーだからそんな練習ができず力が落ちてた」というのは一定の説得力ありました(続く)


前田は、佐山の実力が当時落ちていた、という話として「スパーリングでも3日やらなかったら感覚がだいぶ落ちるんだけど、あの人は全然やってなかった」と語っている。
そうなのかもだけど怪我や経営の忙しさはあるにせよ「第二次UWF」や「リングス」に跳ね返る発言のような気も(笑)

 
また、佐山vsコステロ戦をどう評価するか、が前田と藤原の発言がまったく違っていて面白い。前田は「藤原さんも当時こう言ってた」みたいな言い方しててそれは藤原インタビューと正反対だけど、数十年前だし、藤原とて直後と今から振り返った時の意見は違うだろう。その後、藤原も本格的にキックを学んだしね。

そういうわけで、「証言UWF」もなかなか面白いもので、今読み進めています、というご報告まで。

補足するなら「そもそもUWFを、藤原と並んで佐山がなぜ技術的に牽引できたのか」という問いに、藤原は「それは佐山が天才だからだ」とシンプルに認めている。ちなみに「天才すぎて他人には教えられない」と語っているが、夢枕獏は、佐山の指導は実に明瞭で具体的、と書いてた気もするな。印象は実にいろいろと変わってくる。
また天才だから強いのか?といえば、一方で技術と、ガチンコの場での度胸は別、という立論の立て方もあるだろう。