INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

なんかドン・フライ、いまはあまり幸せじゃないようだ。そんな中でUFC殿堂入り…

OMASUKI FIGHTより http://omasuki.blog122.fc2.com/blog-entry-1830.html

ドン・フライUFCホール・オブ・フェイム入りが発表されている。こちらのインタビュー記事
http://www.mmafighting.com/2016/7/3/12028242/hall-of-fame-honor-couldnt-come-at-a-better-time-for-frye
によると、フライ氏は現在離婚訴訟中であるとされ、今回の受賞を「俺の人生唯一の明るい知らせだよ」と悲しげに喜んでいるのだという。フライがUFCオクタゴンに上がっていたのは1996年の1年間だけであるが、その年だけでなんと11戦して10勝、トーナメントに2度優勝

最初にレスリングとボクシングを融合させて結果を出したUFCファイター、とも言っていい。
RIZIN男塾、というわけにはいかないか…。

にしてもアントニオ猪木引退試合の相手とても知られているフライだが

…もともとのプランではフライが勝つはずだったのだが、試合直前前にフィニッシュが変更されたのだという。

猪木のエゴが出たんだろ。まあ、彼の35年のキャリアの終わりだったからな。日本では彼は英雄だ。本来なら20分も30分も戦うはずだったのだが、試合開始2分でオレは彼のアバラを折ってしまった。だからフィニッシュがあんなに早かったんだ

は、猪木らしい、としかいいようがない…
そしてその猪木の言葉を、かつての「プロレススーパースター列伝」から引用しよう。
絵がなんとも味わい深い。そして事業に失敗したりペテン師にだまされたりしても、議員になれる人もいるしな(笑)