INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「やや日刊カルト新聞」4題/29日、立正大学で「マインドコントロール」シンポ

29日にマインドコントロールのシンポ(JSCPR)

http://dailycult.blogspot.jp/2015/08/20.html
日本脱カルト協会(JSCPR)が今月29日、東京五反田の立正大学品川キャンパスに於いて創立20周年記念公開講座を開催……(略)カトリーヌ・ピカール氏を招聘し、フランスに於けるカルト対策についての講演が行なわれる。

また当日は『日本のカルト対策:発展と改題』と題した報告も予定されている。

2001年フランスで制定された反セクト法『人権および基本的自由を侵害するセクト的団体の防止および取締りを強化する2001年6月12日の法律』
その中で導入されたのが無知脆弱性不法利用罪だ。

「未成年者に対して、もしくは年齢、病気、身体障害、身体的欠陥、精神的欠陥または妊娠状態のため、著しく脆弱な状態にあることが明白な者または行為者に それが認識される者に対して、もしくは重大または反復した圧力行為または判断を歪めうる技術の結果、心理的または精神的服従状態にある者に対して、その者 に重大な損害を与えうる作為または無作為に導くために、その者の無知または脆弱状態を不法に利用することは、3年の拘禁刑および375,000ユーロの罰 金に処せられる」

「ハンスト」団体に関して

やや日刊カルト新聞/1日目東ピ23b @daily_cult 8月20日
ハンスト学生の件、外見上は中核派がらみに見えるんですが、最近の左翼事情に詳しい人に尋ねたところ、厳密にはいろいろ複雑な状況にあるようです。中核派がらみとも言えるが中核派そのものかというと微妙みたいな話で、よくわからんのでもうちょっと事実確認します。
  
8/27から予定されている学生によるハンストについて、「例のハンスト学生は中核派がらみということで決まりのようなので」として、「暴飲暴食デモ不可避」と書いたツイートを削除しました。関係者の皆様に御迷惑をお掛けしたことをお詫びいたします。
  
暴飲暴食デモは行いません。関係者に直接話を聞いたところ、中核派・民青といった党派と無関係の活動であるとの説明を受けました。具体的で詳細な説明で納得できるものであったことと、それを覆す根拠を見いだせないことから、我々がいじるべき対象と断定することができないとの結論に至りました。
 
参議院議員会館前にいます。ハンスト学生を中核派呼ばわりしたお詫びに、少しだけでもハンストに参加しようと思って、やや日刊カルト新聞の戦闘用ヘルメット持ってきました。でもまだメディアがハンスト撮影会やってるので、迷惑かけないように議員会館内の喫煙所で一時待機です。

POSSE」の情報を募集

やや日刊カルト新聞/1日目東ピ23b @daily_cult 8月23日
POSSEについて「やや日刊カルト新聞」で記事にしようと取材中です。POSSEに取材をかけていますが、細かいことを誤摩化そうとする気配を感じます。再度質問を投げていますが、どうも信用ならないので、より幅広い情報を求めています。詳しいことをご存じの方がいましたらご一報下さい。
 
ちなみに、POSSEの何を取材しているのかというと、POSSE幹部が都内の大学でPOSSEとは別のサークルを名乗って、サークルの素性を明かさずに新入生を勧誘し新入生の個人情報を収集していた問題についてです。この事例そのものは、ぼく自身が勧誘現場に遭遇し証拠も残してあります 
 
しかし、ネットでいろいろ言われている(取材ではネット以外のところでも証言のある)POSSEと左翼団体の関連性についての疑いなど、POSSEあるいはPOSSE関係者の素性に関わる部分について、より多くの証言や根拠を得たいと思っています。
 
ネットに出回っているような情報そのものが欲しいというより、そういった情報の根拠となる証言・証拠を求めているという趣旨です。詳しい事情をご存知の方、あるいは詳しい人を知っているという方がいましたら、<※メルアド、直に確認を>(藤倉)までご一報いただければ幸いです。

(これはリツイート)「オウムと死刑を考える」シンポジウムの内容

rツイート経由で、
https://twitter.com/akaneyamada0322

あかね @akaneyamada0322 8月24日
書き取りすべてupしました。

2015年8月22日 オウムと死刑を考える シンポジウム 1
http://akaneyamada03.blogspot.jp/2015/08/2015822.html
2
http://akaneyamada03.blogspot.jp/2015/08/20158222.html
3
http://akaneyamada03.blogspot.jp/2015/08/20158223.html

最初のシンポジウムは、西田公昭氏のほか、かなり独特のカルト(セクト)対策を採っているフランスの関係者が出るから興味深い。