INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

大阪朝鮮学園の報道で、李英和氏の2007年の諫言を思い出したので再紹介

産経のスクープ記事。

大阪朝鮮学園社会保険料2億円超す滞納 私学事業団は強制徴収せず - 産経ニュース http://www.sankei.com/west/news/150210/wst1502100009-n1.html

 大阪府内の朝鮮学校10校を運営する学校法人「大阪朝鮮学園」(大阪市)が平成24年度以降、日本私立学校振興・共済事業団(私学事業団)へ納付が義務づけられている社会保険料の掛け金を滞納していることが9日、関係者への取材で分かった。
(略)
 事業団が長期滞納した法人に対し、資産の差し押さえなどで強制徴収できるとの規定はあるが、「政治案件で手を出せない」(関係者)とみられる。滞納理由や今後の納付計画について、産経新聞大阪朝鮮学園に質問状を出したが、期限までに回答はなかった

この記事に自分はこうブクマをつけた。

李英和氏が2007年に朝鮮学校について語った話がそのまま通用するのが、残念なところだ。 http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20070619#p2


これに対してうれしいことに反響が多かったので、リンクより再紹介したほうがいいと思ってひとつの独立コンテンツにします。

李英和氏のプロフィル

http://www.nippon.com/ja/authordata/lee-young-hwa/
関西大学経済学部教授(北朝鮮社会経済論専攻)。1954年大阪府生まれ、在日朝鮮人三世。関西大学大学院博士課程修了(経済学専攻)。関西大学経済学部助教授を経て現職。1991年4月〜12月、北朝鮮の朝鮮社会科学院に留学。93年にNGO「救え!北朝鮮の民衆/緊急行動ネットワーク」(RENK)を結成、現在、同代表を務める。著書に『暴走国家・北朝鮮の狙い』(PHP研究所、2009年)など多数。

暴走国家・北朝鮮の狙い

暴走国家・北朝鮮の狙い

(2007年6月19日の「とくダネ!」に出演したときの発言より。。
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20070619#p2

朝鮮学校が差し押さえられたというが、学校をそもそも保護者にも内緒で担保に勝手に入れてるんだから救いようが無い。無茶苦茶なことをやって、北に貢いでみついで・・・で・・・こりゃ自己責任、自業自得」


「在日の心のより所というけど、私に言わせれば金正日のより所に過ぎない」


「このペースで行けば自然消滅でしょう。いたしかたないのが現状、というか惨状」


「今でも年間6000人ぐらいが韓国籍になっている、脱退している。衰弱死で突然死じゃないでしょうから学校も転校するだろうし韓国系団体に入ることもあるし、実害は無い」


「10年前に起こった事態ですよ、事実上の破産は。今日のような事態を予測できたのに全く手を打ってない」


「組織の生き残りには、神頼みで日朝国交回復を祈るしかないのでは」


「普通の組織なら幹部は総退陣でしょう。それが幹部はそのまま残ってる」


北朝鮮べったりの組織を変えることしか生き残るすべはなかったが、そのチャンスは核実験、拉致発覚、破産と何度もあったのに見逃した。競売は最後のチャンスかも」


「安アパートの一室でいいじゃないですか。そこでパスポート業務でもなんでもやればいい」


「幹部は総退陣するべきだし、日本の社会に説明責任を果たすべきでしょう」


「(本部買収騒動は)最後の力を振り絞って、奇策を弄して自滅した」


「本当なら将軍様が、自分のポケットマネーで助けてあげればいい(笑)」


念のために釘を刺しておくが、こういう状況になったからといって、北の民族が「低能民族」だとかいうことは絶対にない。というか「低能民族」なんて存在しない。。(はてなの一部笑)

ただ、現在の金王朝朝鮮労働党という全体主義体制と、そこに忠誠を誓う下部組織のことを思い暗澹たる思いになるだけである。