INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

公立高校の倫理授業で教師が「朝日新聞の罪」というプリントを配って自説を開陳?【未確認情報】

まとめ

まず、twitterというかネットの特性上、その人が本当にそこにいる人なのか、画像は本物なのかというのは今後の調査を待たなければいけない、ということは前提にしてください。

https://twitter.com/hnm_3433/status/558439297146028032
【※リンク先にアカウント名】 1月23日
倫理の授業で配られたプリント。笑
なんかめっちゃ朝日新聞責めてたけども、その記事は載せないのかい!笑そして吉田証言のことしか触れていない。すんごい話もビミョーだった。 pic.twitter.com/sGjZIcdo7J

実はこの前後のツイート、アカウントのプロフィルでどこの学校か、とか、その該当教師とおぼしき人の名前もわかる。だからタイトルに「公立高校」とした 。
(※注意!! 本人がプロフィルにうたう高校の略称だと、別の名前もヒットします)。

実はtogetterまとめをつくろうかとも思ったのだが、それに対して、高校生であるツイート主に対して悪意も善意も含めての反応が大きすぎるのではないか、とも気になったので避けた。


そういうわけで今後、授業やプリントの事実に対しての「ウラを取る」必要があるので、「ツイート内容が事実としたら」という前提での一般論、としておく。

gryphonjapan ‏@gryphonjapan
脱線授業をすべて否定はしないが、教師が教師という立場=権力を使って、政治的な自説やオピニオンを生徒に披露するのは構造的に押し付けであり、その正否に関係なくアウトなわけだ。教師時代の佐高信氏が、これの反対側からこういう感じだったという。
@hnm_3433

正直、自分はその「佐高のしっぽ」的な存在は、実際に見聞した体験として存在を断言できる(笑)。このツイート者が体験した教師の、「逆方向にこんな感じ」の人たちだ(笑)。
一種の「寝床」だからね。聴かないと店だてをくらうから、みんな我慢して浄瑠璃を聞いているだけで。


・・・…ただ、もう少し言うと、アウトといっても、そのレベルに関しては、下の過去文章を見てもらえればありがたい。「見つかっちゃったらアウトね」「頭をかいてゴメンね」的なもの、とはしている。
というかこの記事を過去に書いたから、今回も取り上げた、ということだ。

学校教師の脱線・個人的主張授業をどうするか&ハングル雑談 - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20110828/p4

ただし今回の一件、こういうふうにオモテになったんだから、処分の有無や教師の言い分はともかく、まず事実の有無を確認して「オフィシャルな問題」にならないかな、と思っている。

もし事実だという前提なら
「北海道の公立高校の倫理授業で、担当教師が『朝日新聞の罪』などと題する自分の政治的意見を加えたプリントを配布し、同紙を批判する授業をしていたことが24日までにわかった。実際に授業を受けた生徒がtwitterで明らかにした。」・・・みたいなものになるだろう。