INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

池内恵氏の、内田樹氏への評価がヒジョーにキビシー/twitterのdadaさんも内田評

いつも紹介しているのは池内恵氏のブログなのだが、フェイスブックもやっておられた。

https://www.facebook.com/satoshi.ikeuchi/posts/10201992410450887

先日の「イスラーム国」への北大生参加問題で、すっかり「サブカル」として日本でごく少数のフリンジな方々に受容されかけていることが明らかになったイスラーム教ですが、……中田考氏が、朝日新聞からウェッジにまで、左右対極のメディアに取り上げられてしまっているところが、イスラーム教をめぐる日本の言説に特徴的な問題であろうと思います。

中田氏は日本向けにサブカル的な要素を取り入れた宣教をしており(彼自身がサブカル好きなんだろう)ますが、中田氏のイスラーム法学者としての本来の仕事は、アラブ世界で有力な説や歴史上正統性のある説を踏まえた、イスラーム教徒にとって反論のしがたい、多くの人にとっては反論する気もない、まっとうなものであると認識しています。中田さんは正統な伝統主義的なイスラーム法学を勤勉に学ぶことをずっとやってきて、日本出身者として例外的にその道を極め、国内で追随する人はいないと思います。しかししばらく見ない間に、日本で信仰を広めるにはいくら正統派の議論をしてもだめで、日本的サブカルを介在しなければならないと気づいてそちら方面に力を入れていたようです。

この「中田氏のサブカル戦術」の読み取り部分がこのフェイスブック記事では一番おもしろかったのですが、それ以外に

そこで注目を集めているのが「カワゆいカリフ制」などと言ってウェブ上のマニアから、内田樹氏のような頭の軽い現実感の薄い軽率な居座り系文系知識人にまで(前者と後者は同一かもしれないが)高く評価されてしまっていた中田考

日本の常識を疑ってみてもいい、ということは内田何とかさんみたいに無責任に言葉の上で「ラディカル」に全否定して見せたりその反動でよく知らない外部の絶対主義・原理主義を支持してみせろと言うことではまったくないです。内田某のアレは、紙の無駄です。多分中田さんもそう思っているんじゃないですかね。嘘はいけないが、信仰を広めるために、勝手に誤解して自己の願望を投影してくるバカな有力知識人を利用するのはイスラーム法学的に許容される行為だ、と中田さんは自分の中で正当化して内田さんと付き合っているんだと思いますよ。もちろん日本社会には内田さんのような愚行をまき散らす自由があるんだ、ということをこのブログでは何度も書いております。バカなことを言って「バカだな」と言われたら「抑圧だ」と騒ぐのは止めてください。

いつもながら、舌鋒するどいね……。
ま、私だって「ウェブ上のマニア」と認定されるほどの知識量があったかはともかく、ネット上で中田氏の言説には注目して読んでいたわけで、自戒自戒。


ときに今朝、twitter上で多くのフォロワーを持つdadaさんが、質問を受け付ける「Ask.fm」というサイト経由でこのような質疑のやり取りをしていた。

http://ask.fm/yuuraku618/answer/119079889223

Q:dadaさんは内田樹に対してポジティブな評価をなされていないと感じたのですが、間違いないでしょうか? もしそうであればの話ですが、私などは、彼の著作は読みやすく、なかなかおもしろいと思うので、どうしてだろうと前から感じていました。よろしければdadaさんの考えを教えていただきたいです。


A: 樹さんのどこがあかんのかというと、一見その文章の中では整合が取れてるような言説でも現実とアジャストしてないのよね。端的にいうと……(後略)

後半が面白いので、上に記したURLから飛んでみて。

追記 コメント欄より

id:manji_ex001 2014/10/14 16:25
少し前になるので、今回の件ではありませんが、小浜逸郎氏も自分のブログで内田樹批判を展開しておられますね。
既にご存じだったら、申し訳ございません。
http://blog.goo.ne.jp/mdsdc568/e/212cc682dba55665c9985533cf22ea1e
http://blog.goo.ne.jp/mdsdc568/e/4a2f661175aa55df37861fa2e3a8ac8e

自分がハサン中田氏をめぐって最近起きた騒動に関して思ったこと。

原理主義」に自由社会はどう対するか〜中田考=ハサン中田氏を巡る騒動から(池内恵ブログを手がかりに) - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20141013/p1