INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「OGAWA Kandai中東旅行記」のtogetterをまとめました。

この前一度紹介しましたが、togetterにしましたよ。

OGAWA Kandai氏が見た、旅した−中東の人と社会 - Togetterまとめ
http://togetter.com/li/663466

さすがに中東まで来ると、ニンジャの実在を固く信じている自称・知日親日派がいて、「いや、昔からああいうのはいないんですよ」「ウソだ! サムライ・ショーグン・ガバメントに虐殺されて姿を隠していると聞いた!」なんてガチな論争に発展して困る。
grossherzigkeit 2014-04-26 17:44:43

中東某国では、アラビア語なんか分からなくても、ヤクザ、ニンジャ、ショーグンとか言ってれば重んじられるのではないかと思われてくるくらい、これらのことのファンが多い。突然「ハットリハンゾウ!」「オヤブン!」なんて単語で話しかけられるほどの状況てす。
返信 RT お気に入り grossherzigkeit 2014-04-26 20:31:16

「ジャパン、ヤクーザ!」と話しかけられて、にこやかに山口組直参組長の話題を教えてあげたり、「ニンジャ、ニンジャ!」と言われて「ニンジャ・キリング・テクニーク!」と立ち関節技を極めてあげることのできる人だけが「あそこは親日国」とか言いなさい、と思う中東某国の昼下がりです。
grossherzigkeit 2014-04-26 20:35:03

というわけで、行く先々で仁義を切ったり、人を柔道技で締め上げたりしてる当方は、中東某国で大人気で歓待されております。

先だって中東に行ってきた話を各所ですると「親日国ですねえ」なんて言われるんだが、こっちとしては違和感も大きい。彼らは確かに親切で、日本への関心も深かったが、今でもサムライやニンジャが実在すると本気で信じているような人々の好意を、素直に「親日」と変換していいものなのかどうか。
grossherzigkeit 2014-05-04 16:08:27

彼らの「親日感情」は、映画やアニメ、また電化製品などを通じての「イメージ愛好」の域を出てないものが多く、「実際の日本」についての知識はほとんどなく、「ニンジャなんてのは昔からいなかった」という説明を受け、目を丸くして驚くレベルである。そして彼らの国に日本人は決して多く存在しない。
grossherzigkeit 2014-05-04 16:11:02

そして対象的に、中東で中国人のイメージは実に悪かった。礼儀知らずで金に汚ないと、散々な悪評を聞いたが、それはつまり、中東の人々にとり、中国人は「顔の見える距離」にいるからである。確かにさまざまな商売をしに、中国人は中東の驚くような場所にまで入り込んでいた。
grossherzigkeit 2014-05-04 16:13:50

この中東において、「イメージだけで親近感を持たれている日本」と、「嫌われてはいるが実際に日々ツラを合わせている中国」の地位が何かの拍子でひっくり返ることは、少なくない可能性においてありうるのではないかと、当方は思って帰国したよ。とても「世界で愛される我が日本!」とは思えなかった。
返信 RT お気に入り