INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「工具箱にハンマーしかないと、あらゆる問題は釘に見える」〜ラムズフェルドを評して(編集手帳)

切り抜き整理シリーズ。2014年1月23日、読売新聞編集手帳

将棋の大山康晴十五世名人は生前、よく語ったという。『得意の手があるようじゃ、素人です。玄人にはありません』 。大駒の飛車角から小駒の歩兵までを自在に使いこなせないで、プロ棋士は名乗れまい。
 分野は違うが、米国国防長官ラムズフェルドも”得意な手”に頼る政治手法を皮肉られたことがある。 『工具箱にハンマーしかないと、あらゆる問題が釘に見えてしまう』のかと(ボブ・ウッドワード「攻撃計画」)。

このコラムは東京都知事選に寄せられたもので、
「首都の課題は『五輪』の釘だけではないし、ましてや『原発』の釘ではない。ここは玄人らしく、社会保障の問題を鋭くえぐるノミや、防災の要所を突くキリの研ぎ具合も競ってもらおう」
と続いている。

攻撃計画(Plan of Attack)―ブッシュのイラク戦争

攻撃計画(Plan of Attack)―ブッシュのイラク戦争

全米No.1ノンフィクション・ベストセラー9タイトルの著者であるボブ・ウッドワード、注目の最新作。
『Plan of Attack』は、ジョージ・W・ブッシュ大統領と彼の戦争審議会、並びに同盟諸国がイラクに先制攻撃を仕掛け、サダム・フセインを転覆させ同国を占領するに至る、歴史の転換期についての最も信頼できる報告である。著者は綿密なインタビューや数々の文書をもとに、2年間にわたる政府の舞台裏での駆け引きを克明に描き出し、ヴェトナム戦争以来最も物議を醸した戦争の原因と結末を検証している。

ブッシュ大統領ディック・チェイニー副大統領、コリン・パウエル国務長官ドナルド・ラムズフェルド国防長官、ジョージ・テネット中央情報局(CIA)長官、トミー・フランクス中央軍司令官、その他の戦争審議会メンバー、ホワイトハウス職員、さらには英国のブレア首相やロシアのプーチン大統領といった主要な他国首脳に至るまで、本書はさまざまな人物像を驚くほど鮮明に浮かび上がらせる。

また、開戦の意思決定がなぜ、どのように行われたかを、同時代史ではめったに知り得ない、秘密会議や盗聴防止機能付き電話での会話、数々の戦略、ジレンマ、軋轢、戦争の裏に潜む生々しい感情なども含めて、詳細に描き出している。

以下は、ウッドワードの前著『Bush at War』(邦題『ブッシュの戦争』)に寄せられた賛辞である。

「その細部の書きぶりに、人間味と説得力がある」――ニューズウィーク誌、エヴァン・トーマス

「余分なものを削ぎ落とした、信頼できる著作…この国の中枢での政策決定プロセスをこれほど詳しく知ることができるのは、幸運と言うほかない」――ワシントン・ポスト紙「ブック・ワールド」、フォアド・アジャミー

「ウッドワードは彼の同世代で最高の、ことによるとこれまでで最高の、本物の記者だ。彼は誰よりも多くのことを暴露する」――ウィークリー・スタンダード誌、フレッド・バーンズ