INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

あらためて確認、「30cmの津波」や「1mの津波」がマジ危険な理由

twitterで元のつぶやきも、それを受けて自分がつぶやいたやつも多くRTされていたので、この機会に再度確認しておきたい。

https://twitter.com/___Nichola___/status/397266568255528960
津波注意報などで『1mの津波』っていうのはこういうことらしいです。画像のように「海面が1m盛り上がったまま押し寄せてくる。」ということらしいです。1mだからといってナメないようにしましょう。このツイートで一つでも命が救えればいいです

これを自分がtwitterで紹介したとき、こうコメントをつけた。

うん、自分も少年時代「1mの津波?そんなん平気や」と勘違いしてたあさりよしとおまんがサイエンス」でこの図と同じ話知ったのだ

字数の関係で書けなかったけど、「そんなん平気や」どころか正式には「あー、1mとか2mの津波って来るんやったら見てみたいわー。そういう情報あったら海に出ていって、その津波かぶってみたいわー。ビッグウェーブカモンやー」とか思ってたのである。
まったくそういう津波に子供時代遭遇しなかったのは、運がよかったとしか言いようが無い。

上のつぶやきに書いた「まんがサイエンスで知った」というのは…この本もいまは実家なので、何巻にあるかはこれから検索してみるが…
6巻でした。昨年Kindleも出てますね

まんがサイエンス (6) (ノーラコミックスDELUXE)

まんがサイエンス (6) (ノーラコミックスDELUXE)

まんがサイエンス 6?力学の悪戯

まんがサイエンス 6?力学の悪戯

てか、某所でこの画像もあった。


http://photozou.jp/photo/photo_only/321625/71054603?size=624

まとめると

・災害情報の中で「1mの津波」「30センチの津波」など、ふと「そんなの平気じゃない?」と思うような警報が来ることがある。
・しかし、普通の波と津波は「厚み」=水の絶対量が違う。
・ふつうの波はどんな大波でも「厚さ」はなく、ばっしゃん、で終わり。しかし津波は、まさに海が盛り上がってくるように、30センチでも1mでも、その高さで海水があとからあとからどばどばと来る。川はあふれ、建物も船も流され、それが人や建物にぶつかってくる。
・だから30センチでも1メートルでも、「津波」は危険なのです。


皆さん、大半の人は既に知っている知識だろうけど、俺のような例もあることだし、できれば国民の100%に知ってもらいたい話。なので繰り返しをいとわず書いてみた。
まんがサイエンスも、この機会に目を通すよろし。
あ、ことし最新刊が出てるじゃん。

漫画家あさりよしとおのライフワーク 大人気「まんがサイエンス」シリーズ!

放射線放射能放射性物質ってなにがちがうの? 原子力発電と核爆発のちがいは? 見てもないのに銀河系がうずまき形ってどうしてわかるの? おなじみのキャラクター、あやめちゃん、よしおくん、あさりちゃん、まなぶくんが、日常の中から生まれた疑問の答えを探して体当たりで活躍します。先生役は、科学にくわしい「怪人」たち。豊富な知識とたとえで、子どもたちが心に持つ「どうして?」を、子どもたち本人といっしょに考えていきます。

知識だけに終わらず、どうしてそうなのか、科学的な見方や考え方を知ることができるまんがです。

【収録作品(全11話)】
放射線ってナニモノ?/原子の火 核分裂/宇宙は何でできている?/天の川の正体は?/見えすぎて見えにくい星 太陽/月と地球の見えない関係/ロボットってどんな姿?/空気抵抗は飛行機の敵?味方?/菌ちゃん印のおいしい食品/海の魚と川の魚はどこがちがう?/刃物はなぜ切れる?


第16回文化庁メディア芸術祭 審査委員会推薦作品受賞
著者について
宇宙開発やロボット開発、光学機器や音響機器、その他様々なジャンルの科学に深い知識を持ち、科学まんがやSFまんがを得意とします。他の代表作は「宇宙家族カールビンソン」「なつのロケット」「HAL」など。