INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

所英男がはっきり「UFCに行きたい」と明言。実現して欲しいけど、彼(と堀口)抜きで…VTJできる?

http://sadironman.seesaa.net/article/377487214.html
――ジャッジが彼の方を支持した理由は何だと思いますか?

所英男:いえ、分かりません。僕が勝ってたので。

――判定に抗議していると思いますが、それが聞き入れられて覆ると思いますか?

所英男:できるだけ早く受け入れてもらい次のステージに進みたいです。修斗が正しい判断をしてくれることを確信しています。

おっ、所さんにしてはカテエ態度だな。
自分は以前書いたように「削り」の差に注目するとあの判定になるのかなー、という考えをもっているけど、仮に今回判定でも、大接戦、そして大熱戦であったことはダナやシルバの目についてるのが節穴じゃなけりゃ分かるはずでね。
ここで四角四面の豆腐屋の娘みてえな判断をしなくても、契約をしていいと思うのですよ。
最近「実績は申し分ないが試合が地味な選手との契約を解除」したのなら、その逆の選手と、お試しでも契約してもいいじゃないか。「ショータイム枠」ってあるでしょ、ダン・ハーディとか。

だが…さっきしたツイート。

へえ。こんなに積極的なアピールを。でもUFCには修斗リスペクトが多いから、かえって難しいかも。「ヒデオ・トコロと俺たちが契約したら、VTJというイベントはどうなるんだ?ブシノナサケ、だよ」みたいな(笑)

ジョー・シルバ氏を想定しています(笑)。
実際…堀口恭司所英男抜きでVTJをやるとなると…。あっ、さらにフジメグももういないんだ。復活の宇野薫駿河天狗・佐々木憂流迦らも魅力だが…後楽園よりさらにひとつ上のハコを埋めるとなると…。
こういうときに「日本の興行は新スターがいるから、君は気にせず自由に最後の挑戦をしてこい!」といえる、そんな環境があればなあ。