INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

キムドンヒョンが、パンチをどんと出して、ひょんと勝ちました。

だんだんテキトーに書いてるだろ、俺。よし○ミ\(・_・ )トゥ ←丸投げだ

http://d.hatena.ne.jp/lutalivre/20131010/1381408254
お互いが左を振るとドンヒョンのパンチがヒットし、シウバ大の字にダウン!KO!

ドンヒョン逆転勝ち!シウバはタックルを切り続けて消耗し、打撃が雑になっていたか。ドンヒョンもスタミナを消耗した上に打撃をもらっていたが、打たれ強さと諦めない心の強さで勝利を呼び込んだ。正直、ていのいい咬ませ犬役だと思っていた。この勝ちは大きい

キム・ドンヒョン「ラッキーなKO勝ちでした」 http://sadironman.seesaa.net/article/377260616.html



しかし勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし(ノムさん調)。エリック・シウバも負けるべくして負けたのでしょう。それは呪われたエリック一家の宿命ともいえる。アイアンクローで脳波が狂ったレスラーは実に―ー5人を超える!
まあそれはそれとして、ラッキーパンチと謙遜する必要はなく、やはり最後までチャンスを待ち、心を折らなかったゆえの一発なのでしょう。岡見が解雇され、チャンソンが肩を脱臼した今、アジアトップグループとして最後の砦。
ちなみに昔、じゃじゃまる、ぴっころ、ぽろりにこにこぷんで、じゃじゃまるぽろりが恐れていたのは、ぴっころが足を踏み鳴らして人工地震を起こす「どんぴょん」でした。
そしてもうひとつ、FOXの実況でエリック・シウバを紹介したアナウンサーが「非常に珍しい、イケメンのシウバです!!」と絶叫したのは、2013年ひどいアナウンス大賞候補(笑)。