INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

水垣、オクタゴンに旭日旗を翻す…「ジョン・チャンソン、その喧嘩勝った!」…じゃなくて淡々と。

この前のUFNで書き忘れていたことを。……いや、貼り忘れていた画像を。

うひゃい。
なぜ「うひゃい」かというと…このへんご覧ください。

ジョン・チャンソンがGSPの旭日旗道着に抗議→メーカーが謝罪
http://sadironman.seesaa.net/article/352265431.html
■”コリアンゾンビ”ジョン・チャンソンが語る新ジム、徴兵、旭日旗(ゴン格)…そして長南亮
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20130502/p1

チャンソンとは、この前ジョゼ・アルドに挑戦して破れたものの、相手の足の骨を折るなど爪あとを残したあの選手です。
「GSP(※別階級のUFC王者。カナダ人だが極真空手などを学び、東洋的なコスチュームで入場する)のことを素晴らしいアスリートだと思っている多くの韓国人のひとりとして、あなたが旭日旗がデザインされた道着を着ていたことにショックを受けたことを私は伝えなければいけない。あの旗はアジア人にとっては戦争犯罪の象徴でドイツのハーケンクロイツナチスのマーク)のようなものです。あなたはそれを知ってましたか? 知らずに着ていたことを願ってます。」
というのがチャンソン選手の御意見。


そこに、同じくUFCファイターの水垣が…入場でアレ。
これはコリアンゾンビへの、(一階級違うけど)宣戦布告か??????

と思ったらそうじゃないのでし。

「あの旗のデザインはうちのデザイナーが普通に考えたもんで同じものを魅津希選手、浜崎選手の時も使いましたが何もクレーム無しです(!)
 
0:39 gryphonjapan: ああ,そのへんは彼らの意見や感覚は感覚として、こちらはそうは思わない、でいいんだと思うんですよ
 
「はい、私もそう思うんで、今後の日本人選手には使いたいと思います。アメリカ人からは受けが結構良いんです。」

これ、いささか貴重な証言資料だと思いますよ。
この発言主がだれかというのは水垣、魅津希、浜崎…という並びと、入場などをこうしよう、と提言できる立場…で分かる人は分かろうよ。
インビクタにも、日はまた昇る

というわけで、実に淡々と、チャンソンの意見は意見として普通に水垣はあのフラッグをオクタゴンに翻し、そして何の騒ぎにもならんかった。もちろん旭日旗そのものではなく、それを基にしたデザインと云うことだが、それならGSPの道着もおんなじなりよ。
別にこれがコリアンゾンビへの挑発だとか、そういう意味も全くない。


まったく自然体で、普通に「いいデザインなので使う」という、水のような無手勝流…それが見事に通用した、そんな一幕でした。それをこうやって取り上げるのは、ネタがないからが理由のような、全然騒ぎにならないのはつまらないからのような(笑)。