INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

さあ、イタリア総選挙だ!!!

http://mainichi.jp/select/news/20130225k0000m030052000c.html

【ローマ福島良典】イタリア総選挙(上下両院)は24日、投票が始まった。有権者数は約5000万人。投票は25日午後3時(日本時間同11時)で締め切られ、即日開票される。先行する中道左派連合を反緊縮派が猛追しており、モンティ暫定首相(69)の構造改革路線が継承されるかどうかが焦点。専門家は「中道左派主導政権が樹立される公算が大きい」と予測しつつ、中道右派連合のベルルスコーニ前首相(76)らが勝利すれば「イタリアの信用が低下する」と警戒する。考えられるシナリオを探った。

もともと、モンティという国会議員じゃない人が首相に選ばれた時点で「ええっ?そんなことが可能なの?」とかなり驚いたのだったなあ。民主主義の形式は一筋縄ではいかない。あれから2年ほど経ったんだっけ。
今回はその路線を踏襲することで間違いないだろうと思っていたら、ベルルスコーニ派が減税や、緊縮反対を打ち出して猛追しているという。
イタリアの中で見るベルルスコーニは、また諸外国では分からない何かの魅力があるのかもしれない・・・・それに「経済が悪い状況では、増税より減税がいい」というのは政策的に単純なポピュリズムなのかどうなのか。やっぱりそうかな(笑)
まあ、なんか「おもしろそう」な選挙だよ。