INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

ゴン格が通算250号。石井和義館長がインタビューに答える

http://blog.livedoor.jp/nhbnews/archives/52317321.html

一瞬、なぜにグレート義太夫?と思ってしまったがベンソン・ヘンダーソンか。

◎総力特集 「王者の肖像」。
☆27年間・250号を飾ったスペシャルポートレイト集。

◆250th Anniversary
王者の肖像。「We Are The Champions

☆4月20日、SF王者メレンデスとスーパーファイト
米国でも知られていない、バイリンガル・チャンプの真実

UFC世界ライト級王者 ベンソン・ヘンダーソン
「僕は、コリアン・ファミリーが助け合う、あの街で育った」

☆“エルニーニョ”がオクタゴンに嵐を巻き起こす!
UFC世界王者に挑戦するStrikeforce世界ライト級王者 ギルバート・メレンデス
「父のボクシングとシーザー・グレイシー柔術オクタゴンでも僕を王座に導いてくれる」

一度は廃刊、というか発行していた会社全体が倒産したところから、復刊して250号を数えただけで立派なものだ。

☆緊急対談「柔道五輪代表暴力問題」の本質はどこにある?
松原隆一郎×溝口紀子
全柔連は“権力”の組織なのか。失われた時間を取り戻すためにすべきこと」

☆『七帝柔道記』刊行・特別インタビュー
増田俊也「自ら望んだオーバーワークで非日常に身を置くことが武道なのかもしれない」

☆真相インタビュー
石井和義 正道会館宗師 石井館長、沈黙を破る。
「すべて話しましょう」

さて。最後の部分・・・
やはり気になるのは「ライツコムとFEGの間での資産相殺」、ということは本当にあったのかどうか?また新生K-1とグローリーの”分裂”をどう見るのか・・・といった話なのだが。
なんか世界なんとかで、競技性がなんとかで、という話は、もう消滅したっぽいので別にいいや。