INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

五百旗頭真が「関東大震災時の大量殺戮」語る

毎日新聞。限られた文字量(新聞としては破格のスペースだったが)で、どれも有名な事実だとはいえ、いや、であるからこそ、これだけ要点を抑えてまとめるのは並みの力量ではできない。
http://mainichi.jp/select/news/20130113ddm004070016000c.html

「不逞(ふてい)鮮人来襲」との風評が飛び交い、自警団が朝鮮人を探し求めて殺戮に狂奔する事態をどう理解すればいいのか。・・・・吉村書は、風評流言の拡散経路を語っている。起源は激震地・横浜である。立憲労働党総理を名乗る山口正憲が避難民を扇動し、決死隊を組織して集団略奪を、地震発生4時間後の9月1日午後4時ごろに開始した。赤い布を腕に巻き、日本刀などをかざして・・・朝鮮人による集団攻撃と誤認されたのである。そのリアリティーを帯びた流言が、横浜から東京へ北上・・・ 警察が記録した流言が警視庁編「大正大震災火災誌」に掲載されており、それを分析した「1923 関東大震災報告書」第2編は・・・二つの発信源説を採っている。

警察は当初、流言の報告があると真偽を確かめるため現地を調べた。結果はことごとく事実無根であった。警察はその旨言って聞かせたが、人々は納得せず怒り出す始末・・・・いちいち確認する余裕もなくなった各警察署は事実情報として警視庁に報告し・・・と指示した。内務省警察当局も流言を信じて対処を命じたのである。

 もっともこの判断を警察自身がすぐに疑った・・・「大部分」を誤った流言とする観点を回復した。その日さらに「極めて多く」が虚伝であるとして、朝鮮人の保護と自警団の暴行取り締まりを指示・・・ とはいえ、最も重大な瞬間に、警察が興奮した自警団なる暴徒の認識に同調したことは、汚点であるといわねばならない。自警団は路上で検問所を設け通行人を尋問し、朝鮮人のみならず、そう疑われる中国人・日本人にも暴行を加え殺害・・・武装し凶暴化した自警団が取り囲み、警官にも暴行を加えて朝鮮人を虐殺・・・
未曽有の被災の中で狂乱状況に陥った武装群衆を鎮圧するには軍隊の出動しかなかった。戒厳令によって大きな権限を与えられた軍隊が本格的に出動することにより、9月5日ごろから秩序は回復・・・、災害復旧に決定的な役割を果たした。・・・その意味では、関東大震災における軍隊は、東日本大震災自衛隊に比肩しうる活躍ぶりであった。それだけに残念な汚点は、甘粕正彦大尉らが憲兵隊本部において無政府主義者大杉栄ら3人を虐殺した・・・

しかし毎日新聞がこれをサイト上で4分割しているのは、理由は分かるとはいえ不便でしょうがない。しかも1ページ目はマクラ部分だけを切り取っていて、これでは2ページ目に進む人も少ないだろう。こういう編集はいかがなものか。