INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

週刊文春、驚愕の「小沢一郎に妻から離縁状」記事.「夫は放射能が怖くて東京避難計画。諦めた後は自宅篭城、でも遂に3月25日旅行鞄を持って…」。真偽は?

きのう、産経新聞にこういう記事が載った。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120614/stt12061401220000-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120614/stt12061401220000-n2.htm

新党も視野に入れる小沢氏に早くも水を差す情報が13日、党内を駆け巡った。14日発売の「週刊文春」に小沢氏の妻、和子さんが支援者宛てにつづった離婚を伝える手紙が掲載されることが判明したのだ。
手紙には東日本大震災発生直後、小沢氏が放射能が怖くて東京から逃げ出そうとしたことも書かれている。小沢事務所は「夫婦のことはプライベートなので答える立場にない」とコメントしたが、逃げ出そうとしたとの記述については「そんな事実はない」と否定した。

http://shukan.bunshun.jp/

小沢一郎夫人が支援者に「離婚しました」
「愛人」「隠し子」も綴られた便箋11枚の衝撃
 民主党小沢一郎元代表(70)の和子夫人(67)が、昨年11月に地元・岩手県の複数の支援者に、「離婚しました」という内容を綴った手紙を送っていたことがわかった。 便箋11枚に…

いま、手元にある。
小沢氏の立場からいえば、この「離縁状」・・・・政局的にはことの真偽を徹底的に争うしかない、と思った。離縁ということは(元)夫が感情的な怒りの対象である、ということだから、怒りに任せてあることないことを書きなぐった、信憑性のとぼしいものだ…とでもしないといけないものです。
内容的には「私的な問題なので」で済ませられない内容になっているかと思う。
あと、「?」なのは、この小沢氏の対放射能シフトは「内々の情報を得た」ゆえだという。

3月16日の朝、北上出身の第一秘書の川辺が私のところへ来て、「内々の放射能の情報を得たので、先生の命令で秘書を逃がしました。私の家族もすでに大阪に逃がしました」と胸を張っていうのです。あげく「先生も逃げますので、奥さんも息子さん達もどこか逃げる所を・・・」

この記事、夫人の証言が正しいのなら、どんな情報を得ていたんだ??どこかのジャーナリストからか?米軍情報か?ソコダイジナトコ!

まとめサイト

http://news020.blog13.fc2.com/blog-entry-2473.html
http://blog.esuteru.com/archives/6310424.html
こっちもかなり早めに雑誌を入手したつもりだったのだが、2chとそのまとめどもにはかなわんな。まあこれは文春の宣伝サイトで、本文記事を読んだわけでないみたいね。

http://shukan.bunshun.jp/articles/-/1442