INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

今年はナンシー関の没10年だったな。

twitterで、ちょっとナンシー関を思わせる視点のツイートを読んでいたとき、偶然フォローしている「ナンシー関ボット」が浮上していた。あと「小池栄子のダンナ・坂田亘に5700万延支払い命令」という、自分が珍しく興味を惹かれるワイドショーねたがテレビでやってた(笑)。
そんな偶然で、ちょっと思い出したが、彼女は日韓ワールドカップで盛り上がる2002年に急逝した。つまり今年が没10年。信じられん。
さっきつぶやいた、僕のツイート。

gryphonjapan (MMA)‏
まだの人はナンシー関ボット( @nancy_seki_bot  )を登録するといいと思う。今年は彼女の没10年なのだが(「日韓ワールドカップから避難する」が急逝直前の原稿のひとつだった)、いまでも固有名詞を変えるだけで、いろいろと考えるとっかかりになりすぎる。

せっかくだから、思い出すきっかけとなった「ナンシー関っぽいつぶやき」転載

https://twitter.com/#!/Rin_Subaru

白義すばる‏@Rin_Subaru返信
猪瀬直樹の流れてきたツイート、細かい突っ込みをしないとなるほどなああるかもなあと思うのだが、読むたびにそれにしてもこの人はなぜこんなに偉そうなのだろうかと思ってしまう。いや、良いわるいではないのだけれど
 
思想地図β1の巻頭座談会、村上隆猪瀬直樹という二大天然偉そうな人の共演という意味でも面白かった。いや、内容も普通に面白かったです
 
もちろん、この二人の周りには橋下&石原という東西偉そうな人二大巨頭がさらにいる。察するに、なぜこの人たちがこんなに偉そうかというと、話しているテーマがグローバルとか国家とか、大きな話だらけなのが一因なのだろう。こういう話をするおじさんは、無性に偉そうに見えてしまうものなのだ
  
いや、国家とかグローバルとか日本とかを主語にしているだけではない。その国家とかを主語にする語り口が、完全に私的人間性とセットでデデンと出てくるのも、偉そう度を相当高めている。そもそも、今時国家とか主語にしすぎるだけで多分、偉そう度が高くなってしまう時代なのかもしれないw
 
論客だと、宮台真司は代表的偉そう論客の一人でしょう。今の若手の論壇人はまだ若いからか偉そう度が高い人はあまり見ないなー。田中秀臣でもあずまん、宇野でも、猪瀬・石原的な偉そうさとは確実に何か違う。宮台さんは偉そうさの方向性はかなり石原都知事と近いw
  
右の西部さんも偉そうだけど左の佐高さんも超偉そうにしてるじゃない。なんか、「えっらっそーに!」って言いたくなる人って言ってることへの賛否や思想を超えてる気がするw
  
石原都知事や橋下市長が、文体そのままで、お菓子のクリームやいちごについて語ったら偉そう度は変わったんだろうか。かなり可愛くなって偉そうだが滑稽な感じになり、いいイメージになるのではないか(笑)