INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

橋下vs平松テレビ討論、直前で中止

http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20111123-OHT1T00270.htm

平松氏、VS橋下氏討論番組ドタキャン「田原総一朗氏司会イヤ」…27日・大阪市長

 27日投開票の大阪市長選で再選を目指す平松20+ 件邦夫氏(63)は23日、MBSテレビ(毎日放送)で24日に予定されていた対立候補橋下徹大阪府知事(42)との生討論番組(関西ローカル)の出演をキャンセルした。番組は放送中止が決まった。平松氏陣営は司会のジャーナリスト・田原総一朗氏(77)が橋下氏寄りで、公平性を欠くと理由を説明。平松氏自身はこの日、「出たい気持ちはあったが、選対本部の判断に従った」と話したが、橋下氏は「信じられない」と厳しく批判した・・・・

あれまー。
これは戦術的に、悪手の一手でなかったかい??
ここで理由を申し述べると
 
・そもそも日本の、政治家同士のテレビ討論会で、勝ち負けがはっきりついたような例はほとんどない。少なくとも俺はみたことない。
アメリカならともかく、
日本のうやむや風土なめんな。
適当にやってたって政治家同士の討論なんて勝ち負けつかねーと思うよ。これは適当に流したほうがよかったんじゃねーか。

・「橋下の態度が非常に攻撃的で、品格を欠くので討論に値しない」というスタンスで拒否するという手は、その当否はともかくあったと思う。だが「彼は討論相手にも値しない」というなら、それはキャンペーンの中核に置いて、最初からそれを宣伝していくべきだった。「直前」で断ってしまうというのは、どう考えても相手に大きなターゲットを与えることになるでしょー。
最初から「橋下徹を相手にせず」だったら、そのスタンスが賛否を呼んで、賛が多くなったかもしれないのに。
 
・「洞ヶ峠」の人々に、西軍or明智勢劣勢!!と思わせたんじゃないか。ここでどどっと有利??なほうに「お味方いたす!!」という野武士、落ち武者狩りの農民兵が出てきそうな。劣勢だ頑張れ、というアナウンス効果で相殺される、というパターンもあるが、討論会キャンセルじゃ支持は上がらないでしょう。討論会の内容はどうあれ、そこで橋下陣営を強く批判したほうがそっちのパワーも盛り上がったのでは。


とはいえ選挙はテクニカルな攻防である。
平松陣営には砲煙弾雨をかいくぐった選挙の野戦指揮官たちも多数いるはず。このキャンセルはその深謀遠慮かもしれない。
いつしか、選挙期間はあと二日となったよ。