INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

小松左京の追悼本がいろいろ登場

http://www.webdoku.jp/newshz/ohmori/2011/11/04/112758.html

7月26日に世を去った巨星・小松左京の業績を偲ぶ書籍が続々刊行されはじめている。

 先陣を切ったのは、電子書籍の総合文芸誌、月刊〈アレ!〉(allez!)の10月号(創刊第2号)https://hon-to.jp/asp/ShowItemDetailStart.do?itemId=B-900053-000000-1107M001-005&itemOnlyFlg=false
小松左京さん、ありがとう」と題する特集では、石井紀男、かんべむさしのエッセイに加え、北野勇作佐藤哲也平山瑞穂、林巧、田中哲弥など10人の作家が、小松左京とその作品をテーマにした短編小説を…(略)
11月5日には、河出文庫から、東浩紀編の小松左京傑作選全3巻の第1巻となる『小松左京セレクション 1 日本』が刊行……続巻の『2 未来』と『3 文学』は近日刊行予定。

小松左京セレクション 1---日本 (河出文庫)

小松左京セレクション 1---日本 (河出文庫)

 11月10日には、同じ河出書房新社から、追悼ムック『文藝別冊 小松左京----日本・未来・文学、そしてSF』も刊行……講演記録「人間にとって文学とは何か」、山田正紀による書き下ろしの小松左京論35枚、乙部順子ロング・インタビュー「秘書が見た小松左京」、桂米朝宮部みゆき谷甲州樋口真嗣萩尾望都のエッセイ、星新一手塚治虫筒井康隆による小松論の再録、それに東浩紀×宮台真司の追悼対談と、日本SF大会などで行われた追悼トーク3本…
小松左京---日本・未来・文学、そしてSF (文藝別冊)

小松左京---日本・未来・文学、そしてSF (文藝別冊)

 一方、徳間書店からも、追悼ムック『完全読本 さよなら小松左京』が11月下旬に刊行…… そのほか、小松左京インタビュー3本に、小松左京×筒井康隆×星新一の『SF作家オモロ大放談』……、吾妻ひでお「ゴルディアスにも結べない」と、とり・みき小松左京の"もっとキャラクターして!"」の追悼マンガ2本、…(略)堀晃×かんべむさし対談「関西の小松左京小松左京の関西」、それに鼎談が4本(山田正紀×瀬名秀明×小川一水小松左京の志を継ぐのは誰か」、萩尾望都×新井素子×小谷真理「女性が読み解く小松左京」、出渕裕×樋口真詞×庵野秀明「SF映像クリエイター オモロ大放談」、とり・みき×鹿野司×米田裕の「小松左京に振り回されて」)----などなど盛りだくさんの内容だ。

 徳間書店では……決定版『虚無回廊』を11月16日に刊行。巻末には、堀晃、山田正紀谷甲州が『虚無回廊』と小松左京について語る鼎談を収録する。

内容を見る限り、個人的には徳間書店の「さよなら小松左京」に一票。