INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「宮田ショック」「南京ショック」のダブルパンチ?それでもK-1、試合続行可能か?

宮田和幸ブログで続編掲載。
http://kazuyuki.jugem.jp/?eid=3302

続き
今回ブログに書いたのは、FEGがいつまでたっても約束を守らず、不義理をしているから。
多分、被害は日本人でナンバー2だと思うよ。
自分でも、かなりの額だから、NO1の方は半端ないと思う。
 
なんで、今まで黙ってたかというと恩義も感じてたし。良いところもあるんです。
経験もなかったので弱かったけど、格闘技バブルも味わったし・・・。
 
いろんな方に心配をしていただいているが、いまのところは、ビジネスも順調だし、支えてくれるスポンサーさんもいるので、私は大丈夫。

ちなみにリアルさんは、健全です。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/k1/text/201110180002-spnavi.html
■イッツ・ショウタイム声明全文
K−1発展について』
(略)
 現在K−1ブランドを得て新会社を立ち上げる動きが2つあります。
 一つはFEG社長の谷川氏が見出した韓国人投資家です。この投資家は石井和義氏およびバルビゾンとK−1商標買収に関して詳細を話し合い口頭合意まで…… 二つ目はゴールデングローリーのバス・ブーンが見出したアメリカの会社です。これもK−1ブランドをハイレベルにするチャンスなのですが、この会社も石井氏との書面契約にまでは至っておりません。

いや、
二つも「投資しよう」という人が出てきたんですね。御の字御の字。
ただ…前者って「金徳州」って名前ですかねひょっとして?

スタンディングダウンは奪われたが、試合はまだ続行可能。「ファイト!」の掛け声。裁くは角田信朗レフェリー。