INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「寅さん俳句大賞」の募集が始まった<本日の編集手帳(読売新聞)>

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/

 号「風天(ふうてん)」、渥美清さんには、秋の秀句がいくつもある。〈ゆうべの台風どこにいたちょうちょ〉〈秋の野犬ぽつんと日暮れて〉〈赤とんぼじっとしたまま明日(あした)どうする〉。どれも、傍らの小さな命に語りかけている◆映画『男はつらいよ』で渥美さんの“フーテンの寅”が、旅先の夕暮れ、道端に腰掛けている姿を思い浮かべた方もあろう◆渥美さんを偲(しの)んで創設された「寅さん俳句大賞」の作品募集が始まった。葛飾柴又寅さん記念館と角川学芸出版読売・日本テレビ文化センターの主催によるもので今年が3回目となる
(略)
◆渥美さんが68歳で惜しまれつつ世を去って、15年になる。『男はつらいよ』のシリーズ最終作『寅次郎紅の花』は阪神淡路大震災の被災地・神戸が舞台だった。幕切れで、寅さんが被災地の人々に語った最後のセリフを思い出す。「みんな苦労したんだなあ。ほんとうにご苦労さまでした」。今もまた、その温かい声が聞こえてくる。
(2011年9月15日01時13分 読売新聞)

寅さんと渥美清、を本人は厳然と分けていたとも聞くが、風天の句はそのまま車寅次郎が作ったといっても納得するものが多い。ここでも何度か取り上げてきたっけ。
また

おかしな男 渥美清 (新潮文庫)

おかしな男 渥美清 (新潮文庫)

を読み返したくなる。

http://www.ync.ne.jp/contents/2011/08/post_14.html

第3回「寅さん俳句大賞」作品募集!
 映画「男はつらいよ」で故・渥美清さんが演じた寅さんや柴又などにちなんだ俳句を広く募集します。
 葛飾柴又寅さん記念館には、忘れられない映画の思い出や、人情味あふれる柴又の街が紹介されており、優秀作品は記念館内に展示されます。


【募集要項】
◇主催/葛飾柴又寅さん記念館、読売・日本テレビ文化センター角川学芸出版
◇選者/金子兜太冨士眞奈美、石寒太、早坂暁、榎本好宏
◇投句料/2句1組2,000円、何組でも応募可(以下略)

第1回の大賞作
「団子屋に予約席あり風天忌」
第2回の大賞作
「ひと恋へば止まらぬ寅のかざぐるま」