INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

済州島に海軍基地建設構想があり「沖縄基地の代替?」「いや対日本、中国に有効」の声も(韓国紙)

韓国の新興新聞「ハンギョレ」の記事。
http://blog.livedoor.jp/hangyoreh/archives/1524981.html

。「国家の安全保障と地域経済の活性化のために必ず済州基地を完成しなければならない」、海軍基地を推進する側の主張だ。「米国海軍の対中国の前哨基地となって、軍事的緊張を高めるだけだ」、阻止しようとする側の反論だ。言葉と言葉はずっと平行線を辿ってきた。4年目だ。

海軍基地建設の賛成側、反対側ともに、済州の地政学的重要性を否定しない。済州は韓半島だけでなく、中国大陸と日本列島のどこにもアクセスが容易な海上要衝だ。
(略)
済州海軍基地が中国を圧迫し、米国の戦略拠点として活用されうるという憂慮が出てくるのも、こうした歴史の記憶からだ。海軍はもちろん、これを否定する。しかし、済州に基地ができると、韓米相互防衛条約の駐屯軍地位協定(SOFA)と戦略的柔軟性合意によって、韓国の軍事基地に対して原則的使用権を持っている米国が、中国本土や台湾海峡に近く規模も大きいこの基地を使用する誘惑にかられるだろう、というのが市民団体による見通しだ。この問題は、現在の済州海軍基地の賛否をめぐる論争で、最も尖鋭な争点でもある。(略)
中国や日本との海洋紛争が発生した場合、地政学的な位置などを考慮すると、済州ほど最適な場所を見つけるのは難しいというが、その根拠は、紛争発生時の作戦反応時間である。我々が実効支配している離於島蘇岩礁]で紛争が起こり韓国の艦艇が出動する場合・・・(略)