INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

元週刊現代政治記者「『漢字読める?』と麻生首相の批判記事書いた。懺悔したい思い」「北京でこれ程人気を博した政治家はいない」

えーーっ?
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110613-00000001-gendaibiz-pol

北京で久々に炸裂した麻生太郎「文化担当特使」に民主党外交は学べ 「ポケモンはキュッキュとしか言わないが世界で通用するじゃないか」/近藤 大介
現代ビジネス 6月13日(月)7時5分配信
 
 久々に、'麻生節'が、北京で炸裂した。
 先週、麻生太郎元首相が、なぜか菅直人首相の「文化担当特使」として、6月8日からこちらで始まった「ジャパン・フィルム&テレビ・ウィーク」に合わせて北京を訪れた。

ポケモンはキュッキュッとしか言わねーが、世界中で通じてるじゃねーか。文化交流ってのは、言葉じゃねーんだ。日本の素晴らしいコンテンツは、世界で通用するんだよ! 」

「韓国は文化開放に踏み切ってから、日韓関係は劇的に改善された。あんたんとこ(中国)も、早くそうすべきだ! 」

 まさに麻生特使の行くところ、拍手喝采が鳴り止まない。皮肉なことに、民主党政権下になって、これほど北京で人気を博した日本の政治家はいない。

 思えば、麻生政権時代、日本で『週刊現代』の政治記者をしていた私は、毎週のように、麻生首相の批判記事を書いていた。「麻生総理、この漢字読めますか? 」「ゴルゴ13を見て外交するなかれ」…。いまでも当時のタイトルが頭に浮かぶが、先週、2年ぶりにご本人を間近で見て、懺悔したい気分に駆られた。菅外交に較べたら、麻生外交には何と華があったことか!  民主党外交に較べたら、自民党外交は何と老獪だったことか!  

 私たちはなぜ、「一度任せてみて下さい」などという甘言に騙されて、民主党に政権を託してしまったのだろう? ・・・(後略)

まあ、成功したのなら党派を超えて麻生を選んだほう(菅直人首相)も賞賛されていいのだろうけど。
しかしポケモンって「ぴかー」以外にもキュッキュいうのか。

キュッキュキュのキュ(アソレ!)
キュッキュキュのキュ(コレマタ!)
オバQ音頭でキュッキュッキュッ

空は晴れたし ほいオバQ
悩みはないし ほいオバQ

そういえば週刊現代週刊ポスト週刊朝日、などは2、3年前と人的にも論調的にも変わっている部分があるな。週刊文春高島俊男のコラムが終わってから、めっきり読まなくなった。

おまけ 「中国で今年公開された日本映画は「ウルトラ」だけ」

日本映画は年間2本しか、中国国内での上映が許可されない。今年はまだ、先月公開された『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説』(ウルトラマン映画)だけだ。日本の映画関係者は、中国で公開にこぎ着けるまでに疲弊してしまうため、宣伝が盛り上がらない。結果として、日本映画は成功しない。 一方、ハリウッド映画は、年間14本も(! )許可されている。これは、ハリウッド映画が面白くて日本映画がつまらないということも確かにあるだろうが、それよりもひとえに、アメリカ政府が日本政府より格段にウルサイからである。日本の民主党政権は中国に甘いから、日本に向けたカベが一向に崩れないのである。映画と同様に、中国では基本的に、日本のテレビドラマも禁止、マンガも禁止、ゲームも禁止である。