INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

週刊ポスト『トラオ〜徳田虎雄』(青木理)を水道橋博士が評す

水道橋博士twitter
https://twitter.com/#!/S_Hakase

s_hakase 水道橋博士
週刊Pの青木理『トラオ〜徳田虎雄』が毎回凄い。今回は政界進出。自由連合の話。栗本慎一郎高橋三千綱のインタビュー、そして病後に面会した石原慎太郎の話(4月25日のインタビュー)そして病床で本人の目で描いた文字盤のひらがなだけのインタビュー。
 
『トラオ』で自由連合の代表幹事だった栗本慎一郎徳田虎雄の「汚い」ことで辞さない姿勢に「純粋に生きる中で、純粋じゃないように見える行動をするから話が混乱する……とにかくまっすぐでひたむき……汚くないウンコみたいな感じがした」
 
『トラオ』で発病後に会った石原慎太郎は慟哭し「……もはや人間じゃない。神の使徒だよ」と。「同じエネルギーを悪い形で使ったのが田中角栄だな。あれも天才だったから。角さんもすごい魅力のある人だったけどね。徳田を田中角栄にたとえたら徳田に申し訳ないな……」

著者の青木理氏は、ニュースバードでその他大勢の出演者と一緒に、いかにもワイドショー的な凡庸コメントを乱発する人とは別人です。戸籍上はともかく、精神的に別人です。

実はそんな徳田トラオの生涯は漫画化されている。現役政治家時代、たぶんカネにあかせてつくったものでありましょう(笑)。
ただ、みんな処分に困ったのか、ブックオフで目に付く目につく(笑)
100円で、上のノンフィクション「トラオ」を楽しむ資料だと思えば買ってもわるくないでしょう。
一応アマゾンも紹介するけど、ブックオフ3軒めぐれば100円コーナーにたぶんありますよ。

トラオがゆく―徳田虎男物語 (ゼロ・コミックス)

トラオがゆく―徳田虎男物語 (ゼロ・コミックス)

明日はいい日だ―立志青雲編 (上) (徳田虎雄 (第1巻))

明日はいい日だ―立志青雲編 (上) (徳田虎雄 (第1巻))

明日はいい日だ―立志青雲編 (下) (徳田虎雄 (第2巻))

明日はいい日だ―立志青雲編 (下) (徳田虎雄 (第2巻))