INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

毎年恒例の紹介「北一輝vs明智小五郎vs怪人二十面相」など

本日は記念日の中でも、ちょっと区切りのいい75年め。
 
季節ねたとして、前に書いたコンテンツを紹介します。毎年夏に「かわいそうなぞう」とか、毎年クリスマスに「サンタはいます」という社説を掲げるというノリで。

「D坂の226事件−−乱歩を巡る昭和史幻想」
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20050227#p1

エントリ内にも書いていますが、原作は浅羽通明氏。メールマガジン流行神」に10年以上前に発表されたものです。

冒頭は、浅草のミルクホール。

二つのテーブルに、偶然二つの集団が居合わせる。ひとつは小林少年らを中心に、帝都に跳梁する貴金属・美術品泥棒・・・謎の怪人について議論する少年探偵団たち。

そして、もうひとつは・・・
「まず首相岡田啓介!蔵相高橋是清!」
「まだ足らぬ!まだ足らぬ!」
内大臣斎藤実鈴木貫太郎侍従長!」
「まだまだ足らぬ!!」
(略)
「いや、まだだ、内閣に巣食う奸賊は倒せても、それではまだ昭和維新に足らぬのだ・・・」
「では、いったい?」(略)
「畏しいことだ、あってはならぬことだ、考えてもならぬことだ。だが、それ以外に何が?」
<(後略、リンク先ではもう少し紹介してます)>

そしてもうひとつが例の「列伝」スレ。

http://changi.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1234164847/l50

299 :愛蔵版名無しさん:2009/02/26(木) 00:32:01
北一輝「フー・アー・ユー(きみは誰)?」

磯部浅一「わ…わたしは磯部浅一…」

北「ああ、陸軍の免官主計だったね
  それなら裁判闘争では最低十年かかるから
  その経歴を生かした実践的な行動を起こしたほうがいい」

北「たとえば、欧米でいうクーデター!
  この一突きで重臣どもは地獄にへおちる!」



301 :愛蔵版名無しさん:2009/02/26(木) 00:43:03
「い、いや
 安藤輝三のねらいは穏やかな話し合いではなく
 小銃の一斉射撃でした!!
 鬼貫 鈴木貫太郎がこんなに痛がるのもめずらしい!」

鈴木たか「ブレーク!!」

安藤輝三「パッ」

「安藤 おみそれしたぞ!
 おまえは正規軍でも叛乱軍でも
 スーパースターだあ!!」



302 :愛蔵版名無しさん:2009/02/26(木) 00:49:33
磯部浅一「陛下に弓引くなどとんでもない!
     くさりきった重臣どもを皆殺しにし
     皇道派の仲間と
     陸軍の手で明朗に昭和維新しようとしたら
     いつのまにかおれたちだけが
     叛乱軍にされていたんだッ!」

裁判長 「ホーまるで怪談ですな」

磯部浅一「まったく怪談ですよ
     宮城内は化物の集まりだから!」



303 :愛蔵版名無しさん:2009/02/26(木) 03:08:27

「ウ〜〜ヌ。皇道派のワル幹部共が陸軍の将校達に手を回し、圧力をかけたな!」

「どうやら、そのようだが感情的になったら負けだぞ、オカダ。
クーデターの鎮圧は立派にやれるッ!
一人の超大物天皇が自ら近衛師団を率い、鎮圧に当たるからな!」
「エッ……。そ、その、超大物とは!?」
「朕だよ。それとも、昭和天皇は超大物ではないかな?」
「へ…陛下!」

毎年のようにこれを紹介しているが、実は今年は猪瀬直樹ジミーの誕生日」からあるエピソードを紹介したかった。だが疲れているので略し、できれば明日付に持っていこうかと思います。