INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

日沖発はマルロン・サンドロと一緒に1.10修斗大会当日の昼食を食べたというお話。

重要なお知らせ

今回、3つのエントリをUPしていますが、理由不明ながら最初のエントリーしか表示されないところもあるようです。
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/archive
からなら三つの見出しが表示されていると思うので、残り2つはこちらから見てください。
=============

本題はここから

twitterでつぶやいた話の補足再構成。

修斗1.10大会の録画映像、昨日は冒頭部分を見られなかったのであらためて最初から見直したら、ゲスト解説の日沖発矢野武アナの間でこんなやり取りがあった。
矢野アナ 「ゲスト解説にはふさわしい方をお迎えいたしました。第9代世界ライト級チャンピオン日沖発選手です。いや日沖選手、2010年は激動の1年でしたね!」
日沖 「はい、非常に充実した1年でした」
矢野 「修斗のベルトを取ったのが5月。これだけでもすごい1年だったと思うんですけど、12月30日すごかったですね。SRC」
日沖 「はい、非常にタフな闘いでしたけど、おかげさまで勝てました」
(略)
矢野アナ 「そんな日沖選手、お正月はゆっくりされたとは思いますが、今日東京に入られて、お昼ご飯とかも…えー(微笑)誰とされたんでしたっけ?」
日沖 「(微笑しながら)実はマルロン・サンドロと一緒にランチを食べました」
矢野アナ 「すごいですね。どういうきっかけで?」
日沖 「いやあ、向こうのマネジャーから、会えたらっていう連絡があって」
矢野アナ 「いいですねぇ。」
 
……2010年最高の名勝負は、その後日談もそれにふさわしい、後味のよいものであったというお話。

昔、アメリカでは「総合格闘技がスポーツとして市民権を得るには100の言葉を並べるより、ランディ・クートゥアに来てもらうのが手っ取り早い」というせりふがあったが、日本では日沖発がそれをやってくれるかもしれない。

上の中継は、あと2回の放送を予定

http://www.samurai-tv.com

1月17日(月)午前 9:00〜午後12:00
1月24日(月)午後 4:00〜午後 7:00

ついでながら、「ジュエルス」の放送もあと1回のみ。

1月19日(水)午後 6:00〜午後 8:00 他