INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

弁護士を殴っても違法性阻却!佐野哲也が堀鉄平と対戦

12月4日、ディファ有明

第26試合75kg契約

法曹界の最強戦士 人権派 柔術弁護士
堀鉄平(ホリ テッペイ)FROM/東京
AGE/34身長/176[cm]『格闘技歴』THE OUTSIDER 11戦7勝3負1分 ブラジリアン柔術
「練習熱心で一生懸命な佐野君は強敵ですが、今回は勝ちにこだわらせてもらいます。佐野君の良いところは全部消し去って、何もさせずに完勝します」

VS

第4回大会MVP リアル神代ユウ
佐野哲也(サノ テツヤ)FROM/静岡
AGE/28身長/177[cm]『格闘技歴』THE OUTSIDER 9戦5勝4負 総合格闘 2年
THE OUTSIDER65-70トーナメント準優勝 THE OUTSIDER第4戦 MVP
「今回は勝てるように頑張ります」


という動画しか無かったけど、だからどうということではない。おまけに今、こっちは「鉄兵」だと分かった。さらにいうとタイトルに出てきた「違法性阻却」も、もちろん意味が分かって使っているわけではない。
 
どちらも、「北斗の拳」の世界なみにアウトローがはびこるこのイベントの中で、アウトサイダーアウトサイダーであるという意味合いを持っていました。その外敵同士がつぶしあうわけで、12.11の決勝でおそらく見られるであろう「セーム・シュルトvsアリスター・オーフレイム」みたいなもんでしかね。

しかし相手が、ノトリアス(悪名高い)な「弁護士」ということで世論の支持は(珍しく)佐野哲也に集まっている。
弁護士というのは、それほどのアレだ。
世にいろいろな「弁護士ジョーク」があるが、ちょと漫画にしてみた。

例によって台詞が多くてこのサイズだと読めないので、クリックしてオリジナルサイズで見てください。
オリジナルサイズはこちら
しかし、相手が無法者でも弁護士でも、強いものが勝つのがリングの理。果たして勝利するのは。