INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

UFC-WECついに統合!門は狭く、頂は高く。そして小見川道大はどこへ…

ふりかえってみれば、ミルホンネットのスクープということになるのかしら。
9月時点で情報が報じられていた。
http://blog.livedoor.jp/nhbnews/archives/52094127.html

ミルホンネット 「週刊マット界舞台裏'10年09月09日号」から
 
「当たるも八卦」「バックステージでの噂』としていますが

・ブランド統一でWECは大会を終了する。
UFCにフェザー、バンタム、フライ級の王座が設置される。
ZUFFAの契約選手は400人を突破。この契約消化と、大量供給による量的な独占を目指しUFC、UFn、オンバーサスなどすべての大会を増やす。最終目標は「毎週開催」・・・


んで、今回正式にアナウンス
http://blog.livedoor.jp/nhbnews/archives/52111160.html
今回は大ニュースとして、周辺の話をコメント欄でけっこう集めてます。
<ヘッドライン、詳しくはリンク先で>
ジョゼ・アルドの「UFCチャンピオンシップ」が早くも正月大会で?
・その相手はなんとビビアーノ・フェルナンデス?「家庭の事情」は解決したのか(笑)
小見川道大が「ますます魅力的だな」とtwitterで。
ジャン斉藤氏が「少し前に関係者に聞いたらWECへの小見川参戦は無い、とのことだが、これでまた分からなくなった」と。


そして私はこう書いた。

一般論として、以前から「WECがUFCに統合されれば軽量級の格があがる。トップのギャラも高騰しスポンサーがつく。今は日本メジャーとWECではあまり差がないが、UFC軽量級となると大きな差がつく…」との推測がされてきましたが、どうなるか。

これはもちろん、独立したWECだったら前座からメインまで軽量級をそろえたいたものが、これからは軽量級が1、2試合になるということだから(その分興行数も増えるだろうから単純ではないが)、ZUFFA軽量級はより「狭き門」になる。
しかし、日本でのWOWOW放送ひとつをとっても、スポンサー獲得やその額などへの効果は計り知れない。
 
より狭くなる門。
より高くなる頂。
 
そこへ行くもよし、行かないもまたよし。「行くのが、一段上」というステータスになってしまうかもしれんが。

有名代理人

UFCに行きたい人はコメント欄やメールで連絡どぞ。それぞれ岡見勇信水垣偉弥などの実績アリ。
 
http://ameblo.jp/booker-k/
http://ameblo.jp/shu1968/

ただし、ZUFFAマッチメーカーであるジョー・シルバは「こざかしい代理人など不要!UFCで戦いたいやつぁ、おれに直接メールしやがれ!!」としばしば呼びかけています。念のため。
ジョー・シルバのメルアド、どこかにメモしてたが忘れちゃった。

いまとなっては意味深くなったな。関連記事

■格闘技で食える食えない話。「家が建つのは王者だけでいい」→さらに進めて「”UFC”王者だけでいい」となるか?
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20101015#p2