INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

下村健一氏、御用おおせつかる

日経新聞

内閣審議官に下村健一氏起用 首相と親交 
2010/10/21 21:00
 仙谷由人官房長官は21日の記者会見で、フリージャーナリストの下村健一氏(50)を内閣審議官に起用すると発表した。発令は22日付。下村氏は菅直人首相の議員活動を長年支援するなど首相との親交が深い。仙谷長官は起用の理由について「下村氏の高度な専門知識と経験を活用し、内閣の情報発信機能の充実を図る」と説明した。

いやー、実際なってから書くと後知恵になっちゃうんだけど、ぼくは彼を、いつかはやる子だと思ってましたよ。やってくれると思ってましたよ。
 
いつかは権力を欲して、権力の側に入っていくんだろうなと思ってましたよ。
そしてめでたく官吏さま。末は博士か大臣か。
野に遺賢なし。
http://www.sanabo.com/kotowaza/arc/2001/09/post_784.html

意 味: 賢人はすべて官につき、民間に残っていないということ。優れた人物が登用され、国家がよく治まっているさまをいう。

http://twitter.com/#!/ken1shimomura

・・・というのは半分冗談でな。
実際、猪瀬直樹という人もいるわけで、それこそ佐高信的に在野だ、権力の側だとか言ってても、ことに政権交代があった後だと混乱するだけなのでな。あの斎藤貴男氏ですら、議員さまになりたいなと真剣に考え、出馬寸前まで行ったのだから。

ある意味権力なんて手段であり、道具である。
あると便利だ、使えると思う人もいれば、それが逆にジャマになる人もいる。ただそれだけだろう。


ただし、これまで「在野だ反骨だ」というのを言ってた人・・・今回の当事者は、筑紫哲也やTBSの界隈の人だからな(笑) そういう人の内心の混乱を想像すると楽しいですわ。