INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

青木真也vs川尻達也がいまいち盛り上がらないのは、青木圧勝説が結構あるからじゃないか

今回は何の統計的裏づけもありません。
単に自分の印象論というか、個人的感想を拡大させただけです。
んで表題の通り。
いや、相性的にはテイクダウンを防ぐのが得意な川尻達也は、大まかなタイプ的にはむしろたしかにメレンデスと共通している。逆に川尻が寝技はできない部類じゃないし、相性的には川尻有利のはずなのだ。
だがなぜだろう。
やはり「狂気の大晦日」の印象が強いからだろうか。JZ.カルバンや永田克彦を破ったからだろうか。「大黒柱」の活躍ゆえだろうか。

あとは川尻達也の勝負運のなさだろうかしら。
川尻は大きなところでは、ものすごい好勝負を見せて、観客を喜ばせつつも、やっぱり最終的な星を落としてきた。評価は相手にもってかれた。
「メレンデスには負けたと思ってない」とか「今はアルバレスに勝てる」と今いくら言っても、それが仮に事実だとしても・・・
自嘲するように「助演男優賞」の男だったのだ。
それが肝心なところで何度も続いた。


川尻”助演乙”達也と言われるゆえんである。


賢明なる読者ならお分かりだろうが、このエントリは、この異名を思いついて、そこから逆算して残りの文章を書いたのである。

川尻さんご免なさい

もともと選手としても、実は結構多彩なフィニシュを持っているし、難敵を横にして抑えて勝ちきる試合も嫌いじゃない(横田一則戦面白かった)。何より話しぶりは論理的で無駄がない。
最近、イラつきぶりや自己アピールと言った黒さが見えるのもよろしい(笑)。

なんであんなにイらついているのかなー、と思ったら「世論が僕をなめている!」という部分が大きいんだよな。この前のインタビューで言ってたし。
つまりはこういう風な
「青木が圧勝しちゃうんじゃない?」
とか平気で書くようなブログがあるってことだろうなあ。
川尻はこのブログを読んでないと思うから、そのへんは気楽なのだが。