INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

ちょっと関連してJ-CASTニュースの「ゆでたまごと吉野家の確執」記事を論ず。

痛いニュース」でも先行して取り上げられているのでそっちをまず紹介。

ゆでたまご吉野家との確執をtwitterで叫ぶ
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1458694.html
■「吉野家を叩かないで!」 すき家なか卯有するゼンショーゆでたまご問題にコメント
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1459373.html

話の内容自体はどーーでもよくて、せいぜい「裁きの神が必要じゃ、ジャスティスが…」ぐらいの感想しかないけど、これを日本のネットニュース界のトップメディア「J-CASTニュース」が報じると。
http://www.j-cast.com/2010/04/14064527.html
いや、これを出したのは、皆さんに「『とてもこんな取材はできない。こんな記事は自分は書けない』と思いますか?」と訪ねたいからだ。
ふつうのメディアの記事と違うのは、J-CAST自慢の”1.5次情報”というのはネットユーザーみんなが同様に見られること。実際、最後に同ニュースが独自に取った?と思しき吉野家広報のコメントを除いては、個人的にはすべて事前に直接文章を見た。なるほどやり取りは読みやすくまとまっているし、最後の吉野家の広報コメントもJ-CASTの看板とこれまでの実績があればこそ、かもしれない。


でも「なんだ、自分らだってこれくらいのまとめ書けるよな」と思う人が出てくれば・・・あらたなネットメディア乱立・戦国時代の足音が聞こえてくるかもしれない。もちろんJ-CASTが「素人が何を抜かす、返り討ちだ」というならそれはそれで面白い。


以上、以前に書いたこの記事などの「続編」として執筆いたしました。
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20100408#p4
■ネットニュース再論。商業ニュースサイトと個人ニュースサイトって、ライブドアとかへの配信の有無程度の違いでは?(副題・書評「ネットの炎上力」)