INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

DJ.taikiがK-1勝利。狂気の死神はメジャーになれるか?

私はMMAの実力者・山本篤が一方的に敗れた試合のイメージもあり、渡辺有利を予想していたからDJのK-1進出は、フェザーの実力者の無駄遣いにしか見えなかった。
ところがふたを開けてみたら、おなじみ「ボクサー殺しのローキック」を徹底的に実施しての完勝。そろそろ渡辺もK-1にアジャストしてきたと思ったが、考えてみればキックのキャリアはDJのほうがおそらく試合数も年月も長いんですね。あと、体格差が予想以上にあった。以前魔裟斗が「MMAみたいな減量のやり方は考えられない」と言っていたけど、その差か?そえともDJがもともと階級の中で手足の長さが特異的なのか。
詳しい試合展開はTBSの必殺「2ラウンド消滅」が炸裂したこともあって、よく分からないのですけど。
http://d.hatena.ne.jp/lutalivre/20100327#1269690005

「何かが起こる」と予言されていた2Rはなんとカット。何が起こるかと思ったら時が飛ばされるとは。

で、勝った直後にわたしはツイッターでこう書いた。

よかったよかった。DJ.taikiが一気にメジャーに。そしてあのブログをみんなが読む(爆笑)#k1max

そう、これを読みに来る。
http://love.ap.teacup.com/dabun/
あっ、そこのK-1のスポンサーさん、逃げないで。


・・・そういえば、うそのようなお話だが、
わたしの女性の知人がやっぱりテレビで見てDJ.taikiファンになったらしい。
そんで言ったお言葉がとってもすごくって、
DJ.taikiっていうんだから、オフの日にクラブでDJやってるんでしょ?そのお店に行ってみたいけど、どこのクラブか知ってる?格闘技詳しいんだから知ってるかもと思って」。


どうします、
どうしましょう。
「サンタなんていねーよ」「トナカイはいるけど」
と教えてあげるべきか。


メジャーになるというのは、こういうことなんだなと思い知った、すばらしい勘違いでした。

余談。夏目房之介氏が立派な格ヲタに。

タイトルそのまんま「K-1MAX」だしさぁ。
http://blogs.itmedia.co.jp/natsume/2010/03/k-1max.html

・・・昨夜のパーティでK-1のテレビがついていた。僕はなるべく観ないようにしていたが、たまに勝敗についてしゃべっている人がいる。僕みたいに集中して観たい人間は、中途半端に見てしまったり、結果を先に知ってしまうのは、ものすごく残念なのだ。できれば格闘技の日にパーティやるのは勘弁してほしいが、まあそうもいかないけどねー。

「消えた魔球」を出された90年代初頭は、同書によるとまったく興味ない、との話だったんだが、健康のための中国拳法実践と90年代のブーム、そして周囲の環境?(だって大槻ケンヂ夢枕獏いしかわじゅんと仕事で顔合わすんだものな)のせいで「格闘技の日にパーティは勘弁」とまで言い出すようになって感涙。
前も書いたが、それでもいまだに格闘技に興味が無い岡田斗司夫氏が、上のメンバーが集まったBSマンガ夜話で疎外感を感じるようになるのもわかるわ(笑)