INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

そういえば「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」決まる

http://zasshi-journalismsyo.jp/

【大賞】 1作品
愛人同伴「ゴルフ&温泉」の小旅行でGWを謳歌した「鴻池官房副長官」涙目懺悔録 
週刊新潮 5月21日号

この時期、ちょうどガセ「赤報隊」事件で週刊新潮が窮地に陥っていたときだったな。
スクープの失敗をスクープで取り返すという、野武士雑誌らしかった。
んで、政権が変わっても、オトコのやるこた変わんねぇ、という(笑)
http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/

暗黒解任騒動! 支持率は20%台へ! 「鳩山内閣」大炎上


「白タク」疑惑と「路上キス」!? 「中井洽国家公安委員長が深夜の宿舎に呼びこむ傾国の「美人ホステス」

SP抜きで、30歳年下の彼女と連日デート。日本のセキュリティを預かる大臣の危機管理。

ちょうどこの時期というのが、いかなる因縁か。

15年賞が続いたこともたいしたもの。

1995年に第1回があって、15年で16回の賞。上杉隆日垣隆佐野眞一宮嶋茂樹魚住昭、岩瀬達哉・・・などが並ぶ。
昔からこのブログを読んでくださっている人はご存知ですが「このマンガがすごい!」や「手塚治虫文化賞」、あるいは「星雲賞」や「本屋大賞」、アルファブロガー選定などを軸に「賞はどういう風に権威を持つか?どう社会的影響力を持つに至るのか」について考えてました。
15年を迎えたこの賞も、それを考察するに値する。