INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

オバQ愛蔵版「貝殻でお金ごっこ」の話が、経済学の初級寓話として素晴らしい件

上の話にひっぱられて、愛蔵版の「オバケのQ太郎」について語りたいもろもろのことから、これをチョイスした。
この作品はかつての「オバQ傑作選」にも収録され、今回も3巻の巻頭だから傑作の評価は高いのだろう。

オバケのQ太郎 3〔F全集〕 (藤子・F・不二雄大全集)

オバケのQ太郎 3〔F全集〕 (藤子・F・不二雄大全集)

ちょっと分量的に度を過ぎているとのお叱りを覚悟で張るが、わからない人には「何がなんだかわからない」という、お金の経済学的な意味での性質について、本当に初級の知識をつけるには最適の物語ではないかと思う。

ものがたり

たくさんの貝殻を前にした正ちゃん・Qちゃんの会話から、ストーリーは始まる・・・・。

(1)

おいおい、すごい無政府的なご議論ですぜ。正ちゃんは革命家の素質アリ。


(2)

武力、暴力によって格差は生まれる。万人の万人に対する闘争。


(3)

しかし、平和的な交易によって、武力による収奪のし合いではない、価値の交換が生まれる。


(4)

そしてフリーマーケット、自由市場が誕生する。共同体内部ではなく、異なる人々がさまざまな商品を持ち寄る。


(5)

貨幣価値が統一されることが、経済活動をスムーズに保つ条件。


(6)(7)


しかし、流通する貨幣の量が増えれば、あっという間に物価は急上昇(インフレ)。マーケットから商品も消える


(8)

そして、勝手に独自の貨幣を流通させることは、国家への大反逆であった。政府の圧力によって「貝殻コンミューン」は崩壊する。さくらんぼの実る頃。



・・・いや、紹介する人間(俺)が経済学はよくわからんから誤解があるかもしれんが(笑)、それでも子ども時分に、こういうぐらいのことを、例えば小学校の先生のちょっとした解説も含めて教えてあげれば、インフレ・デフレとかお金の性質を後から学ぶとき「あ!このことか!!」とピンとくる、いい階段になるのではないか。
もちろん、藤子・F・不二雄さんがそういう啓蒙、うんちくの話としてこれを描いたわけではない(最後のオチは経済学とは関係ないネタだし)のだし、そういう薀蓄漫画に堕してはいけないのだが。


オバQをはじめ藤子漫画に興味のあるはてなユーザーは http://d.hatena.ne.jp/koikesan/ もご覧ください

ここから約10年後、これの元ネタは谷崎潤一郎かもしれない、という情報を得ました

谷崎潤一郎の短編「小さな王国」は『架空のごっこ遊びが暴走する』ホラー話として秀逸らしい
m-dojo.hatenadiary.com



そういえば何の漫画だっけか?ただの解説漫画になっておやおや、というやつ

最近、自分がけっこう、新しい知識を得られるという点「でも」評価していた漫画が、1話まるごと解説、絵解きになってしまっていたことがあった。その知見は面白かったんだが、そういう路線じゃまずかんべとも思いました・・・でも肝心な、何の作品かが忘れてしまったのだけど。

【付記】「面白かったけど薀蓄、絵解きになりすぎてないか?」と思った作品を、今思い出しました。最近の「とめはねっ!」です。あとで書いてみましょう