INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「格闘技記者・高島学と阪神大震災」。彼の文章の中でも有数の傑作がここにある

【Fight&Lifeコラム】Jan. 17th 1995/高島学
http://www.fnlweb.com/column/2010/01/fightlifejan_17th_1995.php

氏の語りに関西訛りがあることはTV解説などでも感じ取れるが、神戸生まれで、また阪神大震災とこういった関わりがあったとは全く知らなかった。
正確に言うと、氏は阪神大震災を経験していないし、被災もしていない。それも本当にタッチの差でだ。
だが・・・というか、だからこそ受ける衝撃やダメージというものもある。
また、それを機会に「生はいつ終わるかわからない」「悔いなく今を生きているか」
といった考えに至ることもある。

『~したかった』という後悔は、後悔じゃない。
『~しなければ良かった』というのが、後悔だと思っている。
だから海外へ行き、東京に来た。

とはいえ格闘技(格闘競技)専門誌「ファイト&ライフ」のコラムに、まるまる震災の回想のコラムが載るのは異質で異例といえる。
だもので、ちょっとNHBニュースのリンク先とか、スポナビTB先のウケを考えて、メジャー系格闘技団体の話題が多いこのトップ記事で紹介させてもらおうと思った。異質には異質でかえすのである(笑)。