INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

別冊宝島のプロレスムック最新刊は、一段と過激らしいぞ(ミルホンネット)

プロレス地獄変
プロレス暗夜行路
ときて、最新号は「プロレス真実一路」らしい(爆笑)
http://d.hatena.ne.jp/washburn1975/20091221 参照)
その内容だが、
http://miruhon.net/news/2010/01/post_640.htmlの最新号にいち早く、詳しい情報が載っている。

・目玉はアントニオ猪木監禁事件の真実!
えーと猪木は複数回監禁されているのですが(笑)、今回の監禁はMMAファンが期待する2003年ではなく、1980年代のほうらしいです。それも「監禁の当事者」である武闘派に話を聞いたらしいとか。


・坂田亘の民事訴訟関連


・そして、気になる原田久仁信劇画は・・・内外タイムス倒産の真実!主人公はもちろんゴマシオ!
ウホッ・・・オツなねたを!!

別冊宝島のプロレスムックの中で「1番面白い!」と好評を博している劇画だが、今回の主人公もゴマシオこと永島勝司氏。題材は永島氏が昨年暮れまで勤めていた「内外タイムス」の倒産劇で、劇画ながら同紙が休刊に至った経緯が・・・

ミルホンネット「マット界舞台裏」より)

この掛け声は別の漫画で有名だが、ある意味使用頻度は原田劇画のほうが高いので、誤解を招かぬようはてなキーワードのほうを追加修正しておいた。

そうそう、ミルホンの巻頭記事は「ノア再浮上をもくろむマル秘プラン」なのだが

うん、これは根本をどうにかできる問題ではないけど、逆に言うと一回だけは確かに成功するんじゃないか?
俺も久々に、実現したら行きたいな、と思うもの。