【トンガ噴火お見舞】INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

難攻不落の竹内出城、ついに陥落…川村亮は熱戦、五十里は完封、伊藤は存在感と持ち味発揮のIsm興行

金井一朗が、対Ismで5年ぐらいか?無敗を誇っていた竹内出を破り、新王者とあいなった。
その結果自体は驚きで、会場にも衝撃と、あわせて苦労人だった金井をたたえる温かい雰囲気につつまれたものの、試合自体は決して面白いもんじゃありませんでした。
つーか凡戦です。だが1回金井がパンチでフラッシュダウンを奪い、あとは竹内のタックルを耐えて耐え抜き、そのポイントリードを守るといった展開は「とにかくどんな形でも、絶対に負けない固い試合をする竹内」という、選手の個性を貼り付けて見ると「いつ追いつかれるのか?金井は逃げ切るのか?」という興味を持って見ることができる。
このへんがパンクラスSKアブソリュート)の歴史の厚み、重みなのだろうか。

にしても、ミドル級王座は近藤有己と金井の間で統一戦をするのかね?
私は個人的には、王座の長期防衛経歴に敬意を表し、竹内には、暫定王座(近藤保持)への挑戦権が与えられるべきだと思う。
そこでその王座をとれば、統一戦がすなわちリターンマッチの権利となって一石二鳥だ。

伊藤崇文の「伊藤劇場」に酔え!!

伊藤劇場の出し物
・入場曲のさびとリングインの調整のため、ロープ際で見せる足踏み
・うねうねとよく動くが、フェイントとして役に立ってるかよくわからない手の動き
・鋭く入るタックル!
・でも相手は倒れずグダグダ
・それでも2、3Rでも落ちない豊富な運動量
・でも無駄な動きのような気がする
・終わったらへとへと。やっぱりつかれてたのか


今回はこれを全部堪能できました。おまけに勝ったのだからいうことなし。
あと、最後に金井を祝福するために出てきたIsmメンバーの中で、とにかくそのファッションセンスが目立っていた。
秋山成勲に対抗できるレベル、というと伝わりやすいか。
これはあとで映像をご覧ください。

川村亮 場内沸きまくりの好勝負だったが。

逆に言うとライトヘビー級で、日本チャンピオンとして戦うことはできるだろうが世界に打って出るほどの実力は無いというのが客観的なところなのかなと。というかこの階級は日本人はやっぱり食い込めないよ、と。
DEEPでベルナール・アッカとかが伸びてくるなら、対決したら面白いかもしれないっすけど。



パンクラスレオパルドン」五十里も勝利。

グオゴゴゴと突進。倒す。立たせない。それで時間切れという黄金パターンでした。
竹内の戦い方を郷野聡寛は「イズリング」と表現したが、五十里の戦い方も一部では「イカリング」というおいしそうな名前で呼ばれている。